現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 日本導入間近! メルセデス・ベンツ新型「GLC」は内外装も走りも大幅進化

ここから本文です
業界ニュース 2019.6.30

日本導入間近! メルセデス・ベンツ新型「GLC」は内外装も走りも大幅進化

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 メルセデス・ベンツのミドルクラスSUVである「GLC」は、日本市場でも同クラスの輸入SUVの中でベストセラーとなる人気モデルです。

 そんなGLCが2019年3月のジュネーブショーでフェイスリフトを受けて新型となりましたが、いったいどのような点が進化したのでしょうか。

    高級車の車検は高い!は本当か 新車時4000万円「ベントレー」の車検費用は?

メルセデス・ベンツ「GLC300d 4MATIC」 GLCはバリエーションが豊富で、当初はSUVボディのみでしたが途中でクーペボディが追加されました。

 そしてパワートレインも多彩で、ガソリン/ディーゼル/プラグインハイブリッドが用意され、頂点にはAMGモデルが控える、というラインナップで一大ファミリーを築いています。

 今回フランクフルトで開催された国際試乗会でも、じつにさまざまなモデルが用意されました

 新型GLCのフェイスリフトのキモとしては、まずデザイン的なリファインが敢行されたことです。

 ヘッドライトはLEDのデイタイムランニングライトのデザインが変更されたほか、グリルも台形タイプとなったことで、顔つきはメルセデス・ベンツのほかの新世代モデルに近いテイストとなりました。

 テールレンズもLEDのデザインが変更されたことで、上級モデルの「GLE」や、新たに登場したコンパクトSUV「GLB」などともイメージが統一されています。

 一方で、内装は基本的にこれまでを踏襲していますが、細かなところでは変化があります。

 ベースとなっている「Cクラス」に施された改良と同様に、メーターナセルはそのままに中身はカラーの液晶パネルに変更されているほか、ナビのモニターも従来より横長のものに変更されました。

 また、このGLCはCクラスでは採用されなかった対話型インフォテイメントシステム「MBUX」を採用した点が特徴となっています。これによって音声によるナビ設定や室温設定などができるようになり、利便性が高まりました。

 試乗のスタート地点はフランクフルト空港の駐車場でしたが、ここで受け取ったのは「GLC300d 4MATIC」です。

 このモデルはこれまでの2.2リッター4気筒ディーゼルエンジンに代わり、すでにEクラスやCクラス、Aクラスでも採用している新たな2リッター4気筒ディーゼルエンジンである「OM654型」を搭載しています。

 最高出力は258馬力、最大トルクは500Nmを発生し、9速ATを介して4輪を駆動する仕組み。走り始めると、その数値通り非常に強い力が低い回転数から生み出されるため、じつに滑らかにタイヤが転がり始めます。

 走り出してすぐに感じるのは静粛性が向上していることです。筆者(河口まなぶ)はフェイスリフト前のGLCオーナーでもあるのですが、その違いはすぐに感じられるレベルにあります。

 試乗スタート時は雨が降っていましたが、タイヤが巻き上げる水しぶきの音などもしっかりと抑えられており、自身のクルマよりもかなり上質な感覚が増していることを痛感しました。

 さらに走らせて驚いたのは乗り心地の良さ。もともとGLCは乗り心地の良さが美点だったのですが、それが一層磨き上げられ、上級クラスと変わらぬ良さを感じます。

 それもそのはずで、この試乗車はエアサス仕様となっていました。そのため雨のアウトバーンでは高い安定性を保ちつつ、路面の段差や荒れたところの通過ショックはボディにほとんど伝わりません。

 エアサスになると路面からの振動もキャンセルされるため、静粛性の高さの理由のひとつとしても貢献します。

 アウトバーンを降りて一般道を走行しても、乗り心地の良さは失われません。カーブでもボディの傾き加減がしっかりとコントロールされており、実に綺麗な姿勢で曲がっていく様子を見せます。

 その後、オフロードでの走行も試したのですが、今回は本国仕様にラインナップされるオフロードエンジニアリング・パッケージ装着車を試すことができました。

 このモデルは通常よりも車高が高められるほか、下回りにはガードが装着されてオフロードでも安心して走ることができる仕様です。

 このパッケージを装着すると、ドライビングモードの切り替えにオフロードのモードが追加されるようになり、より積極的に制御をおこなってほぼクルマ任せでオフロード走行が可能になります。

 GLCは決してオフロードがメインのクルマではないものの、このパッケージを装着した車両に試乗すると、クロスカントリービークルとしても高い性能が与えらえていることがよくわかりました。

日本市場に導入されるモデルの特徴は? オフロードを走った後は、「GLC300 4MATIC」に試乗しました。このモデルは2リッター直列4気筒ターボエンジンに、ベルト式のスタータージェネレーターである「BSG」を組み合わせた、「M264型」と呼ばれる型式のもの。いわゆる48Vのマイルドハイブリッド仕様です。

メルセデス・ベンツ「GLC300 4MATIC」 エンジンの印象は極めて良好。日本でもCクラスに1.5リッター+BSGのモデルがありますが、エンジン排気量がアップしているのでエンジン単体の力強さがあるのに加え、エンジン始動や再発進時にはBSGによって始動することから、振動も少ないです。

 また走り始めはモーターの力によるアシストがあるので、極めてスムーズかつレスポンス良く加速していく様子が気持ちいいエンジンでした。

 このGLC300 4MATICは通常のコイルスプリングによるサスペンションを備えていましたが、それでもやはり乗り心地のよさはフェイスリフト前のモデルを大きく引き離します。普段づかいでとても快適で、アウトバーンでは実に安心して走れる乗り味を生み出していました。

 おそらく、日本でもこのサスペンションが標準的なモデルに採用されるでしょうから、そう考えるとGLCはベーシックなサスペンションでも大分満足できるものに仕上がっているといえます。

 その後は、最強モデルのメルセデスAMG「GLC63S 4MATIC+」にも試乗しました。このモデルは4リッターV8ツインターボのスペックに変更はなく、最高出力510馬力/最大トルク700Nmを発揮。実際に乗ってみると、エンジンサウンドがこれまでよりも低めのものとなったほか、サスペンションも統合制御されるなど、細かな変更点は結構あります。

 トピックはサーキットで存分に走れるように、ドライビングモードの切り替えでレースモードを選び、さらにESPを解除するとマスターモードと呼ばれるモードが出現するという点です。

 今回は残念ながらサーキットでは試せなかったものの、その走りは公道でもまさに『トップオブGLC』の名にふさわしい圧倒的なスポーツマインドを感じさせるものに仕上がっていました。

 このほかに、燃料電池を搭載したモデルも用意されていたが、残念ながら時間の都合で試乗することはできませんでした。とはいえ今回さまざまなGLCファミリーを試してみて、改めてその進化は大きなものであることを感じました。

 手を入れた内容としてはそれほど多くはないのでしょうが、それでも確実にブラッシュアップされており、周りのライバルに対して相変わらず高い商品性を実現しているのもポイントです。

 GLCの場合はBMW「X3」などと比べても、落ち着いた乗り味とシャープ過ぎないハンドリングで普段づかいできわめてホッとできる乗り味が信条ですが、今回のフェイスリフトでもその辺りはしっかりとキープされていたことも報告しておきたい内容です。

 気になる日本への導入は、今年中とアナウンスされています。また今回試乗したGLC300d 4MATICは日本へは導入されず、同じエンジンで出力を抑えさらに燃費を優れたものにした「GLC220d 4MATIC」が導入されると思われます。

 そして、今回のフェイスリフトモデルから日本仕様でもエアサスが選べるようになり、またGLC300 4MATICに関して日本仕様ではBSGの採用は見送られるようです。

 とはいえ、基礎体力が向上してさらに優れたクルマへと進化した新たなGLCファミリーだけに、日本導入がなされれば再び人気モデルとして好調なセールスが期待できるでしょう。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(くるまのニュース 河口まなぶ)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • rep*****|2019/06/30 17:33

    違反報告

    MC前の方がカッコ良かったな。
  • bom*****|2019/06/30 17:47

    違反報告

    相変わらず格好悪い車だな。
    ベンツのデザインはいつの時代も芋臭くて嫌いです。
    また、この河口とかいう評論家もまったく信用できない奴ですね。
    ドイツ車を誉めとけば批判は受けないだろう。。みたいな感じが大嫌いです。
    私は仕事の関係で欲しくもない現行のCクラスを乗っています。
    アホな日本の評論家が褒めちぎるCクラスですが、ショボい車ですよ。
    クラウンやGSの方が日本で乗るなら上です。
    こいつらのドイツ車被れした評論を見てると反吐が出ます。
  • hwm*****|2019/06/30 18:05

    違反報告

    インパネは一世代前だけど今の横長1枚モニターのインパネよりこっちの方が好き。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します