現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > サンデン、パイクスピーク用EVにLIB温度管理システムを提供 温度上昇を40%以下に抑制

ここから本文です
業界ニュース 2019.6.25
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サンデン・アドバンストテクノロジー(サンデンAT)は、パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライムレース(6月25-30日開催)用EV車両に搭載するリチウムイオンバッテリー温度管理システムを開発・実装、温度上昇を従来の40%以下に抑えることに成功したと発表した。

サンデンATは、パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライムレースに参戦するゼロイースクエアの「SAMURAI SPEED NISSAN LEAF e Pikes Peak Challenger」にレース用リチウムイオンバッテリー温度管理システムを搭載。(レスポンス)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン