現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ルノー スナール会長「ライバル社が一番喜んでいる」…FCAとの統合白紙で

ここから本文です
業界ニュース 2019.6.25
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

仏ルノーのジャンドミニク・スナール会長は6月25日に横浜市で開かれた日産自動車の定時株主総会で、フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)との経営統合が白紙となったことについて「世界のライバル会社が一番喜んでいる」と指摘した。

スナール会長は4月の日産の臨時株主総会で同社の取締役に就任し、25日の定時株主総会でも再任となった。同日の総会では株主から、FCAとの経営統合は提携先である日産への背信行為ではないか、などと質された。(レスポンス)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • yo2*****|2019/06/25 22:31

    違反報告

    ルノーはしかし、合併がことごとく失敗するイメージ。日産もゴタついてるし、かつてボルボとの合併も失敗したなぁ...合併、乗っ取りはやはりドイツのような超強引さが必要か?やはりVWは抜かり無い。スズキ乗っ取りは失敗したが...
  • miy*****|2019/06/26 05:41

    違反報告

    もともとは、この合併でフランス政府が介入して、FCAが嫌気をさして白紙撤回をしたのでは無いでしょうか?日産との経営統合を強引に押し付けているのも一因では無いでしょうか?
    FCAは、それもみているのでは無いでしょうか?
    日産に関しては、雇用の確保が第一優先課題。フランスの雇用確保ができて、日産は逆に雇用の確保が出来なければ、意味が無い。資本関係の見直しと対等な立場が優先課題だと考えています。
  • kas*****|2019/06/25 22:57

    違反報告

    内容はこれからとしても、ルノーと日産は遅かれ早かれ経営統合することにきっとなると。ならなければ共倒れかも。日本は車を買わないのだからしょうがない。会社は儲けるのが社会的責任。大江戸捜査網のはじまりのCM 好きだったな、その頃が懐かしいですけれども、企業は今とこれからが問題だものね。会社としてどんな選択していくのかな?

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン