現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 人気の軽自動車売れすぎ注意? 販売好調の陰には日本の不安な将来像が見えていた

ここから本文です
業界ニュース 2019.6.25
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■新車販売の約4割を占める軽自動車

 昨今は軽自動車が人気です。ひと昔前とは違い、デザインも性能も普通車とあまり変わらなくなっており、ファーストカーとして使用するユーザーも増えています。

    なぜホンダ「N-BOX」売れ続ける? 軽メーカーダイハツ・スズキが超えられない理由とは

 2019年5月の販売台数を見ると、1位はホンダ「N-BOX」(派生車種のスラッシュを含む)、2位はスズキ「スペーシア」、3位は日産「デイズ」(ルークスを含む)で、上位3車はすべて軽自動車でした。

 4位は普通車のトヨタ「プリウス」ですが、5位は再び軽自動車のダイハツ「タント」、6位はダイハツ「ムーヴ」(キャンバスを含む)と続きます。(くるまのニュース)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • grp*****|2019/06/25 08:05

    違反報告

    軽自動車が売れてるから税収増やすために税金上げますって政治なら政治家なんて誰でもできる
    なんで軽自動車になってしまうのか、みんなの収入が増えないのはなんでかを考えられる人が政治家の先生と言われる人だと思うが、日本の政治家にそんな人いないと思うけどね
  • zen*****|2019/06/25 07:58

    違反報告

    販売比率なんかメーカーがコントロール出来る訳じゃないし、国の税収をなんで自動車ユーザーが忖度せにゃならんのよ、統治者気取りの目線で語る奴多すぎ。じゃあ国が国民の賃金をしっかり上げる努力してきたかって話ですよ、取りやすい所にだけ増税してきた政府と経団連へのツケ
  • gah*****|2019/06/25 07:42

    違反報告

    論点がずれてるなw

    ブラック企業ばかりになって、遊びに行く時間もなく給料も安い。
    誰が車に金がかけられる?

    で、サプライヤーにそうさせているのもメーカーなのでは?

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン