現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【海外では魅力的なセダンを販売】日産はなぜ「日本のセダン市場」を見限ったのか?

ここから本文です
業界ニュース 2019.6.25
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 現在、日産のセダンは、日本国内においては、シーマ、フーガ、スカイライン、ティアナ、そしてシルフィの5車種がラインアップされている。しかしどれも、モデルチェンジはなされず、10年を迎えるクルマも出始めた。

 いっぽう、海外では、量販セダン「アルティマ」、高級セダン「マキシマ」、新型の「シルフィ」など、日本未発売の新型車も多くあり、この状況だけを見ると、日産は日本のセダン市場を見限り、日本国内でセダンを売る気がないようにも思える。どうしてこういった状況に陥っているのか、元メーカーのエンジニアであった筆者が考察する。(ベストカーWeb)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン