現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 年齢を重ねて所得が増えると選択肢は狭まる?果たして「年相応」のクルマとは

ここから本文です
業界ニュース 2019.6.24
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人間とは身勝手なものである。

たとえば、若い人が高級車に乗っていると、「若者が生意気に」と言われる。そして中年男性が、チューンしたスポーツカーに乗っていると「いい年して」と後ろ指をさされる。

    オッサンが欧州製スポーツカーに乗るのは“アリ”で、国産スポーツカーだと“若作りしている”と言われる謎

つまりは「年相応」に振る舞えということになるが、これが非常に難しい。人の好みは千差万別で、若くても地味なクルマを好む人もいれば、年をとっても童心を忘れないヤンチャな人もいるからだ。(CL)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • ito*****|2019/06/24 06:51

    違反報告

    >一定の年齢の人がフィットやマーチに乗っていると後ろ指を指されかねない

    こんな事を言っているから、日本で車が売れなくなる。
    誰がどの様な車に乗ろうが、全く自由。
    乗っている車でその人を評価する事が、ナンセンス。
    環境の事を考えたり、ライフスタイルを考えたりすれば、選択する車種は千差万別。
    お金を持てば乗れるチャンスのある車種は、絶対的に増える。
    ベンツだろうがフィットだろうが86だろうがプリウスだろうがリーフだろうが『乗りたい車に乗る』、それが悪いのか?
  • yam*****|2019/06/24 06:50

    違反報告

    歳に関係なく、好きな車に乗ればいい。日本人特有の固定観念で、書いているライターさんも頭が堅い。
  • zuq*****|2019/06/24 06:47

    違反報告

    別に他人の視線を気にして車を選ぶ必要は無いと
    思います。軽でもフェラーリでも車には違いはないしそれぞれの良さもあるでしょう。要は乗り方で
    どんなに高級車でもスポーツカーでもドライバーがそれに伴わなければ似合わないし、結論はどれだけ車に思い入れがあるかだけですね。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン