現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 超人気ミニバン ヴォクシー3兄弟は中古車市場でも圧倒的なのか??

ここから本文です
業界ニュース 2019.6.23
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 一般社団法人日本自動車販売協会連合会が発表している軽自動車、輸入車を除いた登録車の2018年(暦年)による新車販売台数を見ると、日産ノートが13万6324台で総合トップ。そして9万9865台で日産セレナがミニバンNo.1に輝いた。

 この数字だけ見るとe-POWERを搭載した2モデルの人気はスゴイ! と思えるだろう。
 しかし、実は真の販売台数No.1カーは他にある。

    【無茶振りで燃費過当競争勃発!??】迫る新基準で軽自動車が危機に

 そのクルマが、5ナンバーサイズミニバンのトヨタヴォクシー/ノア/エスクァイア3兄弟である。(ベストカーWeb)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • tea*****|2019/06/23 05:35

    違反報告

    このデザインのどこがいいんだろ?顔もそうだが、横、後ろがひどいと思う。内装もひどい。
  • ep8*****|2019/06/23 03:57

    違反報告

    なんだかんだいいながらミニバンは便利だからね。
  • hon*****|2019/06/23 03:41

    違反報告

    新車で売れているけど、中古車ても、流通量も多いのも気になる。同じボクシー、ノアへの新車への乗り換えならいいが、他車への乗り換えの下取りならやばい。外観は、良くなっているが、内装は、プラスチック製の多用で、安っぽい、このへんで、トヨタの儲けが、見え隠れする。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン