現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【利点はどこに? 円形に戻した車も??】 異形ステアリングはなぜ定着しないのか?

ここから本文です
業界ニュース 2019.6.22
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 この15年くらいで、メーカーが採用を増やしてきた「異形ステアリング」。

 もともとは、ステアリングを持ち替えて操作をしなくてもよいF1などのレーシングカーで、狭いコクピットの中で足とステアリングがぶつからないよう、下側をカット(D型ステアリング)したことが始まりとされています。

    【シエンタ デイズ ノート】カテゴリー別・200万円以下で買える安くて嬉しいクルマ!!

 近年ではスポーツカーだけでなく一般的な乗用車へも採用が増えてきてはいますが、全車標準採用にはなっておりません。異形ステアリングはなぜ定着しないのでしょうか。元自動車メーカーのエンジニアである筆者が解説します。(ベストカーWeb)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • eic*****|2019/06/22 04:50

    違反報告

    結局、

    『丸』が一番、
    回しやすいね。
  • mam*****|2019/06/22 03:52

    違反報告

    異形も楕円も嫌だが、メーターをステアリングの外から見るのはもっと嫌だ。
  • pla*****|2019/06/22 05:46

    違反報告

    当然のことだと思う。
    レーシングカーや一部のスポーツカーならいざ知らず、グルグル回して操作する普通の一般的な車にD型ステアリングはデメリットの方が大きい。
    メーカーよりユーザーの方が賢かったという良い例です。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン