現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ポルシェ 新たなトップモデル718スパイダーと718ケイマンGT4

ここから本文です
業界ニュース 2019.6.20

ポルシェ 新たなトップモデル718スパイダーと718ケイマンGT4

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ポルシェAGは2019年6月18日、コーナリングとサーキット走行に最適化した、新型「718スパイダー」と「718ケイマンGT4」を718シリーズへ追加すると発表した。

モデル概要

    SUBARU 2019年ニュルブルクリンク24時間レースに参戦

ポルシェが新たに導入する2つのモデルは、718モデルレンジの頂点に位置し、718スパイダーと718ケイマンGT4は、718モデルのデビュー以来、全ての技術的スペックが同一化されたモジュール設計になっている。両モデルとも、309kW(420PS)を発生する新開発の4.0L水平対向6気筒自然吸気エンジンと6速マニュアルトランスミッションを搭載している。

718ケイマンGT4はポルシェGTモデルのエントリーレベルに位置し、718スパイダーはコーナリングを楽しむために特化したモデルで、優れたエアロダイナミクスとGTモデルらしいシャシーおよびエンジン性能を持ったモデルだ。

高回転型自然吸気エンジン

2モデルのパワートレーンは新開発の4.0L水平対向6気筒エンジンを搭載。この高回転型自然吸気エンジンは新型911カレラのターボエンジンをベースとし、最高出力はケイマンGT4では先代型を35PS、3世代目のスパイダーでは45PS上回る309kW(420PS)を発生する。

420Nmの最大トルクは5,000から6,800rpmで発生。最高速度は300km/hの壁を突破し、718スパイダーで301km/h、718ケイマンGT4では304km/hに達する。0~100km/h加速は両モデルとも4.4秒で、新欧州サイクルでの燃費は10.9L/100km。

また、この自然吸気エンジンは、片側バンクのシリンダーが休止して燃費を低減するアダプティブシリンダーコントロールを搭載する環境エンジンだ。それぞれが独立した燃料噴射を行なうピエゾインジェクションが初めてDFI高回転型エンジンに搭載さ、燃料噴射が5段階に分けられたことで燃焼プロセスが向上。2つのレゾナンスバルブを備えた可変吸気システムにより、シリンダー内のガス交換が最適化される。

エアロダイナミクス

718ケイマンGT4におけるハイライトの一つとして、総合的に向上したエアロダイナミクスコンセプトが挙げられる。ダウンフォースは50%増えたにも関わらず空気抵抗のレベルは変わらないという。

両モデルにおけるエアロダイナミクスの向上には、新しくデザインされたリヤサイレンサーのカバーが大きく寄与。2本のサイレンサーがそれぞれアーチ状に独立したカバーを持つことで、リヤディフューザースペースが生まれ、その結果として718ケイマンGT4のリヤアクスル付近におけるダウンフォースは約30%増加したという。

固定式のリヤウイングもさらに効率が向上し、先代モデルより20%多いダウンフォースが発生する。また、フロントセクションでは、大型フロントリップスポイラーと前輪に沿って流れる空気を整える通称「エアカーテン」が空力バランスを保つ。

ポルシェ718スパイダー

新型718スパイダーは軽量コンバーチブルトップを備えたオープンエアースポーツカーで、最高速度を妨げないための純粋なドライビングプレジャー型スポーツカーだ。

718ケイマンGT4との違いは120km/hで自動的にそり上がるリヤスポイラーだ。効果的なディフューザーは、これまでのボクスターでは考えられないほどのダウンフォースをリヤアクスル付近で発生させている。

そして718スパイダーの新しい特徴の一つにポルシェ専用に開発されたウルトラハイパフォーマンス(UHP)タイヤがある。このタイヤは新型718ケイマンGT4が20.6kmにおよぶニュルブルクリンク北コースのラップタイムを先代モデルから10秒短縮した際に装着していたものだ。

ポルシェ 関連記事
ポルシェ ケイマン 関連記事
ポルシェジャパン プレスサイト

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(Auto Prove Auto Prove 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します