現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 廉価版だからと侮るなかれ。スバルを良く知るライターが語る、スバル インプレッサG4 1.6i を愛車にした理由 オーナーレビュー

ここから本文です
業界ニュース 2019.6.20
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1994年に新車で購入した愛車、初代スバル・インプレッサWRXの老朽化により、増車を検討。老朽化したとはいえ、高出力ターボのスポーツモデルはすでにあるので、その対極にある廉価で低スペックな実用車として、スバル・インプレッサG4 1.6i(5MT)を選択。2014年2月に新車で購入しました。個人的に好きなメーカーであるスバルの、MTが選べる当時の最廉価車です(軽自動車を除く)。(CarMe)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く