現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 高齢化率の高い地域で自動運転車と路線バスが連携…長期実証実験へ

ここから本文です
業界ニュース 2019.6.20
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

国土交通省は、6月23日から7月21日まで、茨城県常陸太田市の高倉地域交流センターを拠点に、自動運転車と路線バスが連携した運行システムの長期実証実験を実施すると発表した。

高齢化率が約56%と高い山間部の高倉地区で、自動運転によって地域内の移動、路線バスへの乗り継ぎなど、地域の足を確保する実験を実施する。

    ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ

地域の公民館機能などを持つ高倉地域交流センターを拠点に、29日間にわたる長期の実証実験を実施し、自動運転に対応した道路空間のあり方や、路線バスと連携した運行管理・予約システムなどを検証する。(レスポンス)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン