現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 砂利・土・コンクリート・アスファルトどれがいい? 駐車場の路面がクルマに与える悪影響とは

ここから本文です
業界ニュース 2019.6.19

砂利・土・コンクリート・アスファルトどれがいい? 駐車場の路面がクルマに与える悪影響とは

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アスファルトかコンクリートが望ましい

 自宅内、月極どちらの駐車場でも、地面というのは、アスファルト、コンクリート、砂利、土のどれかになるはずだ。それぞれにメリット、デメリットがある。今回はそれらをまとめてみよう。選ぶことはできないかもしれないが、可能な範囲で参考にしていただけたら幸いだ。

    イラッ! 駐車場はガラガラなのになぜか隣にクルマを駐めてくる「トナラー」の真意とは

 まず一番いいのは、アスファルトとコンクリート。雨が降ったあとも地面からの湿気が上がってきにくいので、下まわりへのダメージも少なくて済む。アスファルトとコンクリートのどちらがいいかというと、コンクリートのほうが目地に水分が染み込まないので上と言えるが、差は小さいのであまり気にしなくてもいいだろう。

 下まわりへのダメージでいうと、砂利と土は厳しい。最近のクルマであれば雨の後に水分が上がってきて湿気が下まわりにこもったとしても問題はないが、長い目で見ると腐食が発生する可能性は高まる。

 土の駐車場に停めるようになった途端サビが発生したケースも!

 旧車で見るとわかりやすく、実際の例で、アスファルトの駐車場に止めて置いたクルマを土の駐車場に保管するようになった途端にサビがあちこちに発生するようになったことがある。

 出かけている間に雨で地面全体が濡れてしまい、その後戻ってきてクルマを停めると湿気がこもり、非常にストレスがかかる。動かさなければクルマが止まっている部分の下には雨が当たらないが、とはいえアスファルトに比べるとジメジメはしてしまう。

 砂利と土の差はこの点においてはほとんどないが、砂利だとタイヤの溝への石噛みが増え、走り出しのカチカチ音などが気になることがある。

 土や砂利の駐車場の場合、下にシートを敷くか、自らの所有で改修ができるなら、簡易のコンクリートがホームセンターで売られているので、それを敷くのもいいかもしれない。月極の駐車場ではもちろん手を加えるのは不可能だが、雨の後はクルマを動かして、しばらく放置。つまり、下まわり換気をしてやるといい。

 とはいえ最近のクルマを定期的に乗り替えるなら、それほど気になくても大丈夫。逆に長く乗りたいと考えていたり、古いクルマの場合は、駐車場の地面は想像以上にクルマのコンディションに影響すると思っていたほうがいい。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(WEB CARTOP 近藤暁史)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します