現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ル・マンに挑んだ日本車 <Vol.1> 初めてル・マンで優勝した日本車「マツダ 787B」【モータースポーツ】

ここから本文です
業界ニュース 2019.6.18

ル・マンに挑んだ日本車 <Vol.1> 初めてル・マンで優勝した日本車「マツダ 787B」【モータースポーツ】

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東京・ベイエリアのクルマのテーマパーク、メガウェブでは2019年7月8日(月)まで「ル・マンに挑んだ日本車」と題して、特別展示を実施中だ。ル・マンに挑んだ日本車の中から、エポックメイキングなモデルを4台紹介していこう。まずは1991年の「マツダ 787B」からだ。

ロータリーエンジンの栄華を物語る
フランス西部、ル・マン市郊外のサルテ・サーキットを舞台に、1923年から行われている耐久レースが、ル・マン24時間レースだ。

    タイヤやバッテリー、下回りなど梅雨の時期に気になる箇所の簡単点検法

日本車で初めてル・マンに参戦したのは1973年のシグマMC73というプライベーターが製作したレーシングカーだった。

その後、多くのプライベート・コンストラクターやトヨタ、日産、マツダといったメーカーも参戦するが、ポルシェ、ジャガー、メルセデス・ベンツなどの牙城を崩すのは容易ではなかった。

そして1991年、レギュレーションの変更によりトヨタと日産が参加を取りやめる中、マツダ 787Bがなんと総合優勝に輝いた。

マツダ 787Bは4ローターのロータリーエンジンを搭載したグループCカーだ。ル・マンにロータリーエンジンが参戦できる最後の年となった1991年に総合優勝を飾った(1994年から再びロータリーエンジン搭載車の参戦が認められた)。

787Bは初めてル・マンで優勝した日本車というだけでなく、初めてル・マンで優勝したロータリーエンジン搭載車でもあったのだ。

マツダ 787B 主要諸元
年式(参戦年):1991年
全長×全幅×全高:4782×1994×1003mm
ホイールベース:2662mm
車重:830kg以上
エンジン:直列4ローター・ペリフェラルポート 自然給気
排気量:654cc×4
最高出力:515kW(700ps)
ドライバー:V.パイドラー(ドイツ)、J.ハーバード(イギリス)、B.ガショー(フランス)

[ アルバム : マツダ787B はオリジナルサイトでご覧ください ]

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(Webモーターマガジン Webモーターマガジン編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • rot*****|2019/06/18 13:39

    違反報告

    トヨタさんには申し訳ないが、やっぱりこの787BがNo.1ですね!
    いつまでも色あせることのないマシン、まさしく
    ル・マンのレジェンドマシンだと思います
  • ks8*****|2019/06/18 13:34

    違反報告

    今見てもカッコいい!
    個人的には今年のwinnerよりも、この車!
  • hay*****|2019/06/18 14:25

    違反報告

    勝手に他メーカーワークスが撤退していったのにライバル不在での勝利に随分叩かれているトヨタさんには申し訳ないですが、やはり91年のマツダ787Bでの勝利とは重みというか感動か、、、全然価値が違って見えます。55号車がトップでチェッカーを受けたときにはマツダファンでない私も泣けました!!

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します