現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > なぜタクシーだけ定番装備に? ドアミラーでなくフェンダーミラーが残る理由とは

ここから本文です
業界ニュース 2019.6.18

なぜタクシーだけ定番装備に? ドアミラーでなくフェンダーミラーが残る理由とは

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■タクシーにフェンダーミラーが多い理由

 全国各地で見かけることの多いタクシー。国土交通省が2017年に発表したデータでは、23万0098台ものタクシー車両が街中を走行しています。

    クルマの「きれい」、どう保つ? コツは「ディーラーの営業担当」にアリ

 過去に、タクシー車両といえばトヨタ「クラウンコンフォート」や日産「クルー」が定番でしたが、最近ではトヨタの次世代タクシー車両の「JPN TAXI」が増えているのです。

 しかし、クラウンコンフォートやクルー、そして次世代タクシーとして登場したJPN TAXIまでもが、一般的なクルマと違いフェンダーミラーが備えています。なぜ、普及しているドアミラーではないのでしょうか。

 タクシー業界には、法人タクシーと個人タクシーの2種類が存在。それぞれ、細かく決められた条件をもとに国土交通省などから認可を受けて営業をしています。

 タクシー車両自体の大きな違いとして、法人タクシーの場合は基本的にある程度まとまった車両を一括で購入・管理しているため、自動車メーカーが販売する専用車両を用いることが多いです。

 対して個人タクシーは、個人購入した車両をタクシー仕様にカスタマイズしているため、ある程度の種類が選択肢にあり、一般的なクルマと共通しています。ドアミラーなどは、共通部品となるために個人タクシーはドアミラー車が普及しています。

 では、なぜタクシー専用車はフェンダーミラーが採用されているのでしょうか。JPN TAXIを開発・販売するトヨタは次のように話します。

「ドアミラーの場合、助手席に人が乗った際にミラーを遮って左後方視界が悪くなる可能性があります。また、ドアミラー車の助手席に乗ったお客様からは、乗務員のミラー確認時に『見られている』と気にする方もいらっしゃるようです。そのため、JPN TAXIでもフェンダーミラーを採用しています。

 また、オプション設定としてルームミラーに電子インナーミラー機能を付けたものもあるため、後方視野角が広く、後席に同乗者がいても後方を確認しやすくなっています」

 また、実際にフェンダーミラー車を採用している大手タクシー会社は、次のように話します。

「フェンダーミラーは、ドアミラーと違い車両の前方に付いています。そのため、運転時の目線移動が少ないことやドアミラー特有の死角が少ないなどメリットが多いため、タクシー業界で使われる専用車は、フェンダーミラーなのです。

 もうひとつのメリットとしては、車体の端に付いているために車幅感覚を捉えやすいため、狭い道路でのすれ違いでも不安要素が減ります」

※ ※ ※

 一般的なドアミラー車に乗るユーザーから見慣れないこともあり、不安に思えるフェンダーミラーですが実際にはドアミラーとは違ったメリットも多く存在するようです。

■これからのタクシー車両はどうなる?

 トヨタのJPN TAXIは、2017年11月の発売から1年で約8000台を販売。その後も全国のタクシー会社での採用が広がるなど、普及しつつあります。

 とくに、大手タクシー会社では、2019年内に全車をJPN TAXIに入れ替えるという方針を決めているところもあり、都市部ではJPN TAXIを見かける機会が多くなりました。

 対して、日産でもタクシー専用車両の「NV200 タクシー」を販売していますが、街中ではトヨタ「JPN TAXI」の方が見かける機会が多いです。なぜトヨタの方がタクシー業界で多く採用されているのでしょうか。

 JPN TAXIが選ばれる大きな理由としては、オリンピック関連事業の1つとして開発された、新型タクシー車両(JPN TAXI)は、環境問題やバリアフリー問題にフォーカスして国際的に通用する、「世界に誇れる」クオリティのモビリティを提供することを目的とされています。

 そのためには、従来タクシーの定番車として販売されていたクラウンコンフォートでは、環境面や利便性がクリアできなくなることから、JPN TAXIは次世代タクシーとして登場させた経緯があるようです。

 一方で、日産でも2010年に小型商用車「NV200バネット」をベースにした「NV200 タクシー」を発売しています。2014年に旧型のタクシー用車両「セドリック」の生産を終了したことや、ニューヨークでタクシーの次世代標準機種に選出されたことにより、徐々に日本国内のタクシー市場でも普及し始めました。

 トヨタ製のタクシーが多い理由について、前出の大手タクシー会社は次のように説明しています。

「国内のタクシー市場でトヨタのシェアが高いのには、単純にメーカーのバックアップが強い以外にも、乗務員側の慣れやイメージの問題もあるかと思います。ここ数十年のタクシーといえばトヨタ『コンフォート』が代名詞でした。

 その後も、ハイブリッド車の『プリウス』など多くのタクシーに採用されるなど、常にトヨタ車がタクシー業界に定着しています。そのため、いまのタクシー業界には『タクシー=トヨタ車』というイメージがあるのかも知れません。

 また、『JPN TAXI』は登場後に車椅子の積載問題などもありましたが、改善パーツの無償配布や改良車両の登場など、素早い改善対応をしていることも信頼というイメージに繋がっています」

※ ※ ※

 なお、NV200 タクシーはフェンダーミラーではなくドアミラーを採用しています。その理由について日産は「ベースのNV200バネットがドアミラーのため」と説明しています。

 フェンダーミラーとドアミラーは、両者それぞれのメリットがあるようですが、JPN TAXIの登場によって法人タクシーはフェンダーミラーが普及し、個人タクシーは市販車両と同じドアミラーが増えていくことになりそうです。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(くるまのニュース くるまのニュース編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • mjo*****|2019/06/18 11:03

    違反報告

    クルマを買うとき、ドアミラーでは視線を大きく動かさなければならないし、死角も多いから、フェンダーミラーにしてほしいと言ったが、ディーラーから車体の左側にはサイドモニターがあるからと断られた。でも、いちいちサイドモニターのスイッチを押さなければならず、ちょっと動けば画面は消えてナビの画面に戻ってしまうし、夜間は暗くてボーっとしか映らない。サイドモニターなんかいらないから、フェンダーミラーを付けてほしい。
  • ooi*****|2019/06/18 10:49

    違反報告

    最終型のセドリックはボンネット形状が変更されたためか、タクシー用低グレード車でもドアミラー以外見たことない。
  • mus*****|2019/06/18 10:54

    違反報告

    日産のNV200はもともと4ナンバーの車種。
    荷物になった気になるから、
    絶対に乗らない。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します