現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > なぜ100万円以下の軽自動車激減? 小型車とのポジションが逆転した理由とは

ここから本文です
業界ニュース 2019.6.18

なぜ100万円以下の軽自動車激減? 小型車とのポジションが逆転した理由とは

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■軽自動車と普通車に起きている逆転現象とは

 一昔前まで、軽自動車といえば安く購入できる代わりに、普通車に比べて安全・快適装備が少なく近場での利用がメインなクルマでした。

    えっ、これが軽自動車の値段!? 200万円超もある高額軽自動車5選

 しかし、最近の軽自動車は普通車に引けを取らないほど装備・機能が充実し、軽自動車の価格も年々上昇傾向です。いまや200万円近いモデルも存在するため、普通車との差別化が難しくなっていますが、なぜ軽自動車は上級志向の市場に路線変更したのでしょうか。

 2018年1月から12月の国内新車販売台数(軽を含む)では、ホンダの軽自動車「N-BOX」が24万1870台を販売して2年連続のトップとなり、販売台数の上位10車種のうち軽自動車が7車種を占めるなど、日本の新車市場では「軽自動車」の人気が高まっています。

 また、自動車検査登録情報協会の調査によると、軽自動車の保有台数は2000年に2000万台、2018年には3000万台以上と、軽自動車は自動車の総保有台数において約4割を占め、「通勤・通学」や「買物・送迎」といった日常にはなくてはならない存在となりました。

 これほどまでに人気が高まった理由には、軽自動車の上級化があります。一昔前まで、軽自動車は万が一の事故時の安全性にマイナスなイメージがありました。

 しかし、売れ筋のN-BOXには安全運転支援システム「ホンダセンシング」、スズキ「スペーシア」は予防安全技術「スズキ セーフティ サポート」など、衝突被害軽減ブレーキや誤発進抑制機能などの安全機能が標準装備化することで、マイナスなイメージが無くなりつつあります。

 また、2019年3月に日産と三菱が共同開発した「デイズ」「eKシリーズ」には、高速道路同一車線運転支援技術「プロパイロット(三菱はマイパイロット)」を搭載するなど、運転時の快適性も格段に向上しています。

 最近の軽自動車について、日産の販売店スタッフは次のように話します。

「ここ数年で軽自動車は、走行性能・安全機能・快適装備などあらゆる面で普通車と変わらなくなっています。また、弊社に限っていえば『マーチ』や『キューブ』といった小型車がありますが、どちらも古いモデルといえ、新型『デイズ』と価格帯やパッケージで比べると見劣りします。

 また、軽自動車最大の魅力といえる維持費の安さもあって、他社も含めて100万円台から設定される普通車のポジションが奪われつつあるように思います」

※ ※ ※

 実際に、価格帯(消費税込み)では、マーチ(115万1280円から)に対して、デイズ(127万3320円)と軽自動車と普通車の価格で逆転現象が起きているのです。

 この理由について、前出の販売店スタッフは「軽自動車の安全面で車体自体の構造が大きく進化したこと、安全装備の標準装備化などが最大の要因です」と話しています。

■100万円以下の軽自動車はわずか数車種

 軽自動車の上級化にともない、200万円超えのモデルも存在しています。一昔前では、当たり前だった100万円以下の軽自動車はどのくらいあるのでしょうか。

 2019年6月現在、軽自動車市場には約40車種以上のモデルがラインナップされています。そのなかで、ベースグレードが100万円以下(消費税込み)の乗用車モデルは、スズキ「アルト(84万7800円)」、マツダ「キャロル(84万7800円)」、ダイハツ「ミラ イース(84万2200円)」、トヨタ「ピクシス エポック(84万2400円)」、スバル「プレオ プラス(89万6400円)」の5車種のみです。

 商用車であれば、軽トラックや商用バンなどありますが、乗用車モデルは限られた車種のみとなり、トヨタ「ピクシス エポック」とスバル「プレオ プラス」は、ダイハツ「ミラ イース」のOEM車。また、マツダ「キャロル」は、スズキ「アルト」のOEM車となります。

 スズキの初代「アルト」は、1979年に47万円という低価格で発売され、話題となった軽の名車です。当時の水準でも安い価格は、徹底したコスト削減により実現していました。

 しかし、アルトは安かろう悪かろうではなく2018年12月には、一部改良を実施して「安全性の高さ」に対するユーザーニーズの高まりに対応するため、「スズキ セーフティ サポート」の機能充実に力を入れています。

 スズキの販売店スタッフは、アルトについて次のように話します。

「アルトは、運転のしやすさや使い勝手、安全性、経済性などを備えたモデルとして、1979年の登場以来、8世代に渡って進化してきました。累計販売台数は、スズキ車国内最多の514万台に達するなど、スズキを代表する軽自動車として愛されています。

 2019年で40周年を迎え、同年6月13には『40周年記念特別仕様車 Lリミテッド』を発売するなど、さまざまな進化をしつつも、歴史を大切にしているクルマです」

※ ※ ※

 時代背景による安全意識の向上や先進技術の進化など、クルマを取り巻く環境は日々進化しています。そのなかで、軽自動車という手頃な存在感を残しつつも、時代に沿った上級化が必要といえます。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(くるまのニュース くるまのニュース編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • huk*****|2019/06/18 08:19

    違反報告

    日本の新車市場では「軽自動車」の人気が高まっています。

    ↑ではなく 軽自動車しか買えなくなってきているのでは
  • eva*****|2019/06/18 08:29

    違反報告

    日本の自動車メーカーが道路事情にそぐわない外国向け3ナンバーばかり投入して国内市場無視し続けているのも大きな一因だと思う。
  • kom*****|2019/06/18 07:53

    違反報告

    軽は高くなり、それを選ぶ人は自らの生命の値踏みを低く付けることに抵抗感が麻痺してる昨今。
    ワンボックス車がいわば「走るイナバ物置」ならば、軽は「走るヨドコウ米びつ」。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します