現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > スバルの独壇場か!? ステーションワゴンTOP5「衝突安全性能」ランキング

ここから本文です
業界ニュース 2019.6.16

スバルの独壇場か!? ステーションワゴンTOP5「衝突安全性能」ランキング

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■安全なステーションワゴン、1位から3位を独占したのは……

 市販車の安全性能評価試験を行う日本自動車アセスメント(以下JNCAP)は、ユーザーが安全な自動車を選択できる環境づくりと、安全なクルマの普及を目的とした組織で、その試験結果は1995年度から「自動車アセスメント」として公表されています。

    ミニバンは嫌、でも7人乗り欲しい… 200万円台から選べる話題の「3列シートSUV車」5選

 日本国内の市販車は、すべて国が定めた道路運送車両の保安基準に適合しています。しかし、衝突時に被害を軽減するための性能や事故を回避するためのブレーキ性能は、メーカーや車種によって異なるのが現状です。

 国土交通省とJNCAPは安全性能を比較するための「乗員保護性能評価」「歩行者保護性能評価」「シートベルトリマインダー(シートベルト装着を促す警告)評価」試験を行ない、その結果を公表することで、自動車ユーザーが安全な車選びをしやすい環境を整え、各自動車メーカーの安全なクルマ開発を促進しています。

 そこで、最新の公表結果から、ステーションワゴンの「衝突安全性能アセスメント」ランキング上位5車種(平成24年度から平成29年度に試験が実施された車種)をご紹介します。

 なお、結果は従来型も含めた数値となっており、2016年度より歩行者保護性能評価の試験方法および評価方法が変更されたため、2016年度からの評価結果(評価車種)は、2011年度から2015年度までの評価と同等になるよう、点数に補正係数が掛けられています。

●1位 スバル「インプレッサスポーツ 2.0i-L EyeSight」新安全性能総合評価:199.7点

 ステーションワゴンの衝突安全性能アセスメントで、新安全性能総合評価199.7点の高得点で1位に輝いたのは、スバル「インプレッサスポーツ 2.0i-L EyeSight」(2016年発売DBA-GT7型)でした。

 初代インプレッサは1992年に発売され、ステーションワゴンである5ドアハッチバックは「スポーツワゴン」の位置づけで、翌年には高性能モデルである「WRX」をワゴンにも投入し話題となりました。

 なお、現在販売されている5代目の5ドアハッチバックのワゴンは「インプレッサスポーツ」、セダンは「インプレッサG4」の車名です。

 インプレッサスポーツ 2.0i-L EyeSightの各評価項目の得点は、乗員保護性能:95.02点、歩行者保護性能:96.07点、乗員がシートベルトをしてないときの警報装置の評価であるPSBRは8点満点中の8.0点で、これらの合計が199.7点でトップとなっています。

 歩行者をはねてしまった時、歩行者の頭部が自動車のボンネットおよびフロントウィンドウなどに衝突した場合の「歩行者保護性能」の評価項目では、歩行者頭部保護性能が最高評価のレベル5で3.80点です。

 なお、インプレッサに標準装備される「歩行者エアバッグ」による点数の上乗せは加味されていません。

 歩行者脚部保護性能もレベル5の4.00点で、歩行者の頭や脚について定められた試験条件では、重大な傷害を受ける危険性が低いといえそうです。

 安全装置装備状況はABS、左右エアバッグ、サイドエアバッグ、サイドカーテンエアバッグ、横すべり防止装置、衝突被害軽減ブレーキ、助手席と後席のシートベルトリマインダーを装備。

 なお、後席中央のシートベルト・プリテンショナーとシートベルト・フォース(ロード)リミッターについては装備していません。

●2位 スバル「レガシィアウトバック」新安全性能総合評価:188.8点

 ステーションワゴンの衝突安全性能アセスメントで、新安全性能総合評価188.8点で2位につけているのは、スバル「レガシィアウトバック」(2014年発売DBA-BS9型)です。

「レガシィ」の米国向け派生車種として開発されたクロスオーバーSUV「アウトバック」でしたが、国内でも1995年に「レガシィグランドワゴン」として登場し、2代目の「レガシィランカスター」として販売された後に、3代目からレガシィアウトバックの名称になっています。

 レガシィアウトバックの各評価項目の得点は、乗員保護性能:93.29点、歩行者保護性能:89.59点、PSBR:6.0点で、これらの合計で188.8点となっています。歩行者をはねてしまった場合の歩行者頭部保護性能は最高レベルであるレベル5の3.51点、歩行者脚部保護性能はレベル4の4.00点でした。

 時速100kmからブレーキペダルをすばやく踏み込んで停止させるブレーキ性能試験では、乾いた路面:40.1m、濡れた路面:42.4mの結果となっています。

 安全装置装備状況はインプレッサと同様にABS、左右エアバッグ、サイドエアバッグ、サイドカーテンエアバッグ、横すべり防止装置、衝突被害軽減ブレーキ、助手席と後席のシートベルトリマインダーを装備。後席中央のシートベルト・プリテンショナーとシートベルト・フォース(ロード)リミッターについては装備していません。

●3位 スバル「レヴォーグ 1.6GT-S EyeSight/WRX」新安全性能総合評価:183.8点

 新安全性能総合評価183.8点で、ステーションワゴンの衝突安全性能アセスメント3位につけているのは、スバル「レヴォーグ 1.6GT-S EyeSight/WRX」(2014年発売DBA-VM4型)です。

 2014年から販売が開始されたレヴォーグは「レガシィツーリングワゴン」より全長を短くして、日本の交通環境で取り回しのしやすいボディサイズとした日本市場向け車種として投入され、現在ではステーションワゴンの需要が高い欧州でも販売されています。

 レヴォーグの各評価項目の得点は、乗員保護性能:89.76点、歩行者保護性能:86.91点、PSBR:7.17点で、これらの合計で183.8点となっています。歩行者をはねてしまった場合の歩行者頭部保護性能はレベル5の3.36点、歩行者脚部保護性能はレベル4の4.00点で、時速100kmからブレーキペダルをすばやく踏み込んで停止させるブレーキ性能試験では、乾いた路面:39.1m、濡れた路面:40.9mの結果となっています。

 安全装置装備状況はABS、左右エアバッグ、サイドエアバッグ、サイドカーテンエアバッグ、横すべり防止装置、衝突被害軽減ブレーキ、助手席と後席のシートベルトリマインダーを装備。後席のシートベルト・プリテンショナーとシートベルト・フォース(ロード)リミッターについては装備していません。

■唯一スバルに割って入ったのは、マツダのフラッグシップ

●4位 マツダ「アテンザワゴン XD」新安全性能総合評価:183.2点

 スバルばかりが並んでしまったステーションワゴンの衝突安全性能アセスメントランキングで、新安全性能総合評価:183.2点で4位に喰い込んだのは、マツダ「アテンザワゴン XD」(2012年発売LDA-GJ2FW型)でした。

 2002年に「カペラ」の後継車として登場したアテンザは、2代目まではハッチバックモデルもラインナップされていたためにステーションワゴンを「スポーツワゴン」と呼んでいましたが、マツダのフラッグシップとなった現在の3代目からはアテンザワゴンの名称になっています。

 アテンザワゴン XDに対する各評価項目の得点は、乗員保護性能:93.05点、歩行者保護性能:86.2点、PSBR:4.0点で、これらの合計で183.2点となっています。歩行者をはねてしまった場合の歩行者頭部保護性能はレベル5の3.33点、歩行者脚部保護性能はレベル4の4.00点で、 時速100kmからブレーキペダルをすばやく踏み込んで停止させるブレーキ性能試験では、乾いた路面:41.7m、濡れた路面:42.2mの結果となっています。

 安全装置装備状況はABS、左右エアバッグ、サイドエアバッグ、サイドカーテンエアバッグ、横すべり防止装置、助手席のシートベルトリマインダーを装備。

 なお、衝突被害軽減ブレーキ、後席のシートベルト・プリテンショナーと後席中央のシートベルト・フォース(ロード)リミッターについては装備されていません。

●5位 スバル「レガシィツーリングワゴン2.5i Sパッケージ」新安全性能総合評価:182.9点

 ステーションワゴンの衝突安全性能アセスメントで、新安全性能総合評価:182.9点で5位となっているのは、既に販売が終了しているモデルであるスバル「レガシィツーリングワゴン2.5i Sパッケージ」(2009年発売DBA-BR9型)です。

 レガシィツーリングワゴン2.5i Sパッケージの各評価項目の得点は、乗員保護性能:91.33点、歩行者保護性能:86.27点、PSBR:5.33点で、これらの合計で182.9点となっています。歩行者をはねてしまった場合の歩行者頭部保護性能はレベル5の3.33点、歩行者脚部保護性能はレベル4の4.00点で、時速100kmからブレーキペダルをすばやく踏み込んで停止させるブレーキ性能試験では、乾いた路面:39.0m、濡れた路面:41.2mの結果となっています。

 安全装置装備状況はABS、左右エアバッグ、サイドエアバッグ、サイドカーテンエアバッグ、横すべり防止装置を装備。助手席と後席のシートベルトリマインダー、後席のシートベルト・プリテンショナーとシートベルト・フォース(ロード)リミッターについては装備されていません。

※ ※ ※

 今回紹介した車種では、すでに生産が終了しているモデルも含まれます。それは、自動車アセスメントの試験は新型車をタイムリーに試験しているわけではないからです。

 またマイナーチェンジなどで安全装備が追加されていても、試験をしていなければ反映されていません。

 これから新車の購入を検討する際には、併せてカタログやメーカーのウェブサイトで見て、安全装備を確認することをおすすめします。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(くるまのニュース くるまのニュース編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • ken*****|2019/06/16 07:44

    違反報告

    ステーションワゴン
    安全装置
    アイサイト
    スバル車

    となる、というか。スバル以外、頭に浮かんでこない。
  • mak*****|2019/06/16 07:49

    違反報告

    そもそもスバル以外の他のメーカーはステーションワゴンってそんなに力入れてないでしょ。
    スバルはレヴォーグ、インプ、レガシィなんて主力車種なんだからアイサイト積むのは当たり前だし、
    燃費不正だなんだと言われていても元々衝突安全性能は良いんだから。
  • iju*****|2019/06/16 07:18

    違反報告

    スバルの成長が感じられません。
    東京モーターショー2019のMAZDA6フルモデルチェンジ、2ドアクーペ、CX-30が凄く楽しみです。

    直6FRハイブリッドも期待しています。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します