現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > トヨタ アルファード の新型開発に遅れ…販売店戦略が絡む

ここから本文です
業界ニュース 2019.6.15
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『ベストカー』7月10日号

発行:講談社ビーシー / 講談社

    違いはわずか!? 「EARLYモデルのトヨタ アルファード(最新型じゃない現行型)」狙いのススメ

定価:400円(本体370円+税)

「大型ラグジュアリーミニバンの帝王」と『ベストカー』が表現しているのがトヨタ『アルファード』。モデルチェンジサイクルは6年なので、次期型は2021年ごろと予想されていたが、どうもようすが変わってきたらしい。『ベストカー』スクープ班が新情報をキャッチした。

トヨタは販売チャンネルの統合を進めており、アルファードのモデルチェンジはその流れの中にあるという。(レスポンス)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン