現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 第87回ル・マン24時間、トヨタが3年連続フロントロウ独占、小林ドライブの7号車がポール獲得【モータースポーツ】

ここから本文です
業界ニュース 2019.6.14

第87回ル・マン24時間、トヨタが3年連続フロントロウ独占、小林ドライブの7号車がポール獲得【モータースポーツ】

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年6月13日、WEC世界耐久選手権2018-2019シーズン最終戦ル・マン24時間耐久レース予選2回目、3回目が行われ、マイク・コンウェイ/小林可夢偉/ホセ-マリア・ロペス組の7号車トヨタTS050ハイブリッドが小林のアタックでポールポジションを獲得した。2位は同じトヨタの8号車セバスチャン・ブエミ、中嶋一貴、フェルナンド・アロンソ、ブレンドン・ハートレー組。トヨタは3年連続でフロントロウを独占し、6月15日にスタートする決勝にのぞむ。

予選2回目、小林可夢偉がトップタイムをマーク
前日予選1日目まで雨模様だったが、予選2日目はドライコンディションの下で2時間ずつ2回の予選セッションが行われた。

    まるでニュル! トヨタが3000億円投入する新テストコースをスープラで走った

まだ明るい日差しの下で始まった予選2回目開始早々に7号車小林が3分15秒497を記録。結局、これが彼にとって2度目、トヨタにとっては通算5度目となるポールポジションをもたらすことになった。また、予選2回目には8号車中嶋も2番手タイム3分15秒908をマーク。ナイトセッションの予選3回目はイエローコーションもあってタイム更新はならなかったが、予選2回目のタイムで3年連続の最前列独占を確定した。

7号車をドライブするマイク・コンウェイ、小林可夢偉、ホセ・マリア・ロペスは、このポールポジションにより1ポイントを獲得。ドライバーズポイントで首位を走るセバスチャン・ブエミ、中嶋一貴、フェルナンド・アロンソとの差を30ポイントとした。決勝レースでは最大38ポイント獲得可能なため、タイトル争いはまだわからない。

7号車をドライブする小林可夢偉は「再びポールポジションが獲得出来て本当に嬉しく思っています。2017年の記録更新を狙っていたのですが、それは上手くいきませんでした。路面コンディションやコースの混雑状況は今日より2年前の方が良かったと思います。でも、ル・マンでポールポジションを獲得することはやはり気分が良いものです」、 マイク・コンウェイは「チームの仕事と可夢偉の予選ラップは素晴らしいものでした。その後の走行では車両セッティングの煮詰めに集中し、有意義な一日になりました。ポールポジションによる選手権ポイントは貴重な1点になるかもしれません」、ホセ・マリア・ロペスは「ポールポジション獲得を喜びたい気分の反面、24時間レースの長丁場で、最終的な結果を出すことが目標です。ここからは、決勝レースへの準備にベストを尽くします」と語っている。

一方、ドライバーズタイトル争いではライバルとなる8号車の中嶋一貴は「チームの最前列独占に貢献できてとても嬉しいです。予選セッションは混み合っており、とくに予選3回目は大変でした。そんな中、予選2回目のラップタイムにはまずまず満足しています。更なるタイムアップも狙えたとは思いますが、悪くない結果です」、 セバスチャン・ブエミは「チームが一丸となって戦い、目標であった最前列グリッドを占めることができました。7号車のタイムは素晴らしいものでした。これでレースイベントの導入部分が終わったと言えます。24時間レースは何が起こるか分かりませんので、これからは重要な決勝レースに全てを集中します」、フェルナンド・アロンソは「この結果には満足しています。LMP1のライバル勢を上回ることができ、決勝レースへ向けた準備も整いました。24時間レースはタフで厳しいものです。明日金曜日は自分自身の体調を整え、長い戦いに備えます」とコメントしている。

予選3番手は17号車BRエンジニアリングBR1・AER、4番手は3号車レベリオンR13・ギブソン。予選トップ4までが予選1秒以内に入る僅差となっており、予断が許されない。

なお、LM-GTE Proクラスはニッキー・ティーム/マルコ・ソーレンセン/ダレン・ターナー組のアストンマーティン・バンテージAMRが3分48秒000でクラスポールポジションを獲得。67号車フォードGTが2番手、63号車コルベットが3番手に続いている。

第87回ル・マン24時間耐久レースの決勝は6月15日15時(日本時間6月15日22時)にスタートする。

[ アルバム : はオリジナルサイトでご覧ください ]

2018/2019年WEC第8戦ル・マン24時間 予選結果
総合
1位 7 トヨタTS050ハイブリッド(コンウェイ/小林/ロペス) 3.15.497
2位 8 トヨタTS050ハイブリッド(ブエミ/中嶋/アロンソ/ハートレー)3.15.908
3位 17 BRエンジニアリングBR1・AER(サラザン/オルジェフ.シロトキン )3.16.159
4位 3 レベリオンR13・ギブソン(ローラン/ベルトン/メネゼス)3.16.404
5位 11 BRエンジニアリングBR1・AER(ペトロフ/アレシン/バンドーン)3.16.665
6位 1 レベリオンR13・ギブソン N.ジャニ(ジャニ/ロッテラー/セナ)3.16.810

LM-GTE Proクラス
1位 95 アストンマーティン・バンテージAMR(ティーム/ソーレンセン/.ターナー)3.48.000
2位 67 フォードGT(プリオール/ティンクネル/ボマリート)3.48.112
3位 63 シボレー・コルベットC7.R(マグヌッセン/ガルシア/ロッケンフェラー)3.48.830
4位 93 ポルシェ911 RSR(ピレ/バンバータンディ)3.48.907
5位 82 BMW M8 GTE(ファーフス/ダ・コスタ/クローン)3.49.108
6位 68 フォードGT(ハンド/ミューラー/ブルデー)3.49.116

[ アルバム : 2018/2019年WEC最終戦第8戦ル・マン24時間 予選 はオリジナルサイトでご覧ください ]

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(Webモーターマガジン Webモーターマガジン編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します