現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 人気の小型車市場どうなる? トヨタとホンダが新型車投入で日産「ノート」に宣戦布告?

ここから本文です
業界ニュース 2019.6.14

人気の小型車市場どうなる? トヨタとホンダが新型車投入で日産「ノート」に宣戦布告?

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■激化するコンパクトカー市場で覇権を握るのはどのモデル?

 近年、国内市場で人気が高いジャンルは「軽自動車」「コンパクトカー」です。実際、軽自動車規格の誕生から70周年を迎えた2019年には、多くの新型軽自動車が登場しています。

    ホンダ「次は失敗できない」 今年投入の新型「フィット」でハイブリッドの方向性示す!

 同時に、登録車において売れ筋の日産「ノート」に対抗するべく、話題モデルの登場が噂されているのです。今後のコンパクトカー市場ではどのモデルが覇権を握るのでしょうか。

 日本の新車販売市場において、道路事情や環境に合ったジャンルのクルマが人気になるのは必須です。軽自動車ジャンルでは、2019年3月に日産と三菱の共同開発車「デイズ」「eKシリーズ」の新型モデルが発表されました。

 また、7月にはホンダの新型「N-WGN/N-WGN Custom」と、ダイハツの新型「タント」が登場することになっています。

 軽自動車と同様に人気なのがコンパクトカージャンルです。国内自動車メーカーの販売台数ランキング(登録車)では、トヨタ「アクア」や日産「ノート」が首位争いをしています。

 2011年12月に登場したトヨタの「アクア」は、トヨタで最もコンパクトなハイブリッド専用車として、デビューから8年経過した今でも売れ筋のモデルです。

 対して、日産「ノート」は初代モデルが2005年に登場し、現行モデルは2012年にフルモデルチェンジした2代目となり、急激に販売台数を伸ばしたのは、2016年に電動パワートレインe-POWERを搭載したモデルを追加したことが要因です。

 両者を追いかける形となっている、ホンダ「フィット」は、2013年に現行モデルにフルモデルチェンジして3代目モデルまで世代を積み重ねています。

 パワートレインには、ガソリン車とハイブリッド車の設定していますが、「アクア」や「ノート」と比べると販売台数で差を付けられています。

 そうしたなかで、ホンダの八郷隆弘社長は、同社の事業方針説明会見にて次期型フィットについて「今秋の東京モーターショーで世界初公開する予定で、新規開発の電動パワートレインi-MMDを搭載する」と述べています。

 ホンダの販売店スタッフは、次期型フィットについて次のように話します。

「次期型フィットは、東京モーターショー2019で公開されるのと同時期あたりに発売予定と聞いています。ライバル車の販売が好調ななかでの投入なので、販売店としては早く情報を知りたいところです」

※ ※ ※

 販売好調な「アクア」と「ノート」に、「フィット」が投入されるという熾烈なコンパクトカー競争が予想されるなかで、もうひとつの刺客が登場を控えています。  それは、トヨタの最もベーシックなクルマとして親しまれている「ヴィッツ」です。最近では、海外名「ヤリス」として世界のラリーで活躍しています。

 現行モデルの「ヴィッツ」は2010年に登場し、幾度となく改良やマイナーチェンジを施しています。その「ヴィッツ」が次のフルモデルチェンジで海外名「ヤリス」に名称変更されるという噂もでているのです。

 また、北米では、新型「ヤリス」を2019年4月に開催されたニューヨークオートショーで初公開。新型モデルは、トヨタとマツダの業務提携により、マツダ「デミオ(海外名マツダ2)」をベースにしています。 

 このような世界的な動きのなかで、欧州仕様と日本仕様はデミオベースではない新型モデルを開発しているといい、2019年6月に開催されるニュルブルクリンク24時間耐久レースに登場すると噂されているのです。

 そうすると、新型「ヴィッツ(ヤリス)」の日本初お披露目は、ホンダ「フィット」と同じ東京モーターショー2019という可能性も出てきます。

 今後のコンパクトカー市場には、販売好調の「アクア」「ノート」に「フィット」「ヴィッツ」が加わり、「コンパクトカーの戦国時代」といえる状況になるかもしれません。 

 また、「アクア」は「ヴィッツ」をベースに開発されていることから、2020年には新型「アクア」の登場も期待できます。

■トヨタ「アクア」日産「ノート」はなぜ売れる?

 前述した販売台数上位のトヨタ「アクア」と日産「ノート」は、なぜ登場から年月が経過していながらも人気を維持しているのでしょうか。

 トヨタ「アクア」は、「ヴィッツ」をベースに2代目「プリウス」のハイブリッドシステムを搭載したハイブリッド専用車です。

 2011年のデビュー直後からプリウスより手軽な価格で買えるハイブリッド車として人気を博し、瞬く間にベストセラーモデルになりました。

 人気の理由は、「取り回しの良いボディサイズ」と、「プリウス同等の燃費」となり、燃費を気にせずに走ってもリッターあたり22キロから25キロくらいを誇ります。

 人気モデルの「アクア」について、トヨタの販売店スタッフは「目新しさは無いものの、改良やモデルチェンジをおこなうことで、常に新しい技術を投入しています。また、SUVテイストを取り入れた『クロスオーバー』というアウトドア風のモデルも人気です」と説明しています。

 一方で、2018年の登録車で一番売れた日産「ノート」が人気の理由はどこにあるのでしょうか。

 ひとつ目の理由として、2016年11月に新グレードとして追加された電動パワートレイン「e-POWER」の存在が挙げられます。

「e-POWER」は、100%モーター駆動で、力強くスムーズな走行性能と優れた静粛性を特徴とした日産のハイブリッドシステムです。

 さらに、アクセルペダルの踏み加減を調整するだけで発進、加速、減速、停止までをコントロールできる「e-POWER Drive」も高い評価を受けています。

 これらをテレビやラジオなどで広告することにより、『ノート=次世代のクルマ』というイメージ付けに成功しているのもポイントです。

 実際に体感したユーザーは、『従来のアクセルとブレーキの操作がわずらわしく思えるほど』と新感覚のペダル操作方法に驚きを隠せないといいます。

 日産「ノート」が売れている現状について、日産の販売店スタッフは次のように説明しています。

「ノート自体は、2005年に登場した初代モデルから『コンパクトカージャンル』の人気にあやかり、販売は好調でした。それに、『e-POWER』が加わったことでさらに多くのお客様が興味を持ってくださいました。

 具体的な販売面では、2WDや4WD、NISMO仕様など、全39グレードを展開しています。そのため、お客様の細かなニーズに応えることができているのも大きいです」

※ ※ ※

 売れるコンパクトカーは、最大の特徴といえる道路事情に合った使いやすいボディサイズやいまのトレンドとなっているハイブリッド車の環境・燃費性能の良さが重要な要素といえます。

 新たに登場が予定される、ホンダ「フィット」やトヨタ「ヴィッツ」(アクア含む)が加わることで、ユーザーの選択肢が増えることで、一番古いモデルとなる日産「ノート」の人気陥落が危ぶまれます。

 日産のコンパクトカーといえば「マーチ」が存在しますが、欧州では3代目モデルまで「マイクラ」という車名で、マーチの欧州仕様として販売されていました。

 しかし、2017年3月には新型「マイクラ」として、「マーチ」とは別のモデルとなり販売され、ボディサイズは現行「ノート」と同等のサイズに大型化されています。

 ホンダ「フィット」やトヨタ「ヴィッツ」などのライバル勢がフルモデルチェンジして商品価値を高めていくことに対抗するべく、新型「マイクラ」を日本市場に投入するなどの秘策が必要かもしれません。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(くるまのニュース くるまのニュース編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します