現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【カワサキ W800ストリート 試乗】“カワサキW熱”は不治の病、最新型にも底なしの魅力…青木タカオ

ここから本文です
業界ニュース 2019.6.12
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

信州を“カワサキW”で走っていると、まるで片岡義男の小説「彼のオートバイ、彼女の島」の世界に入り込んだみたいで「バイクっていいなぁ」「バーチカルツイン最高!」と、ひとり酔いしれてしまう。

「彼のオートバイ、彼女の島」。若い人は知らないかもしれないが、1977年に発表された小説で、1986年には映画にもなった。そして小説や銀幕のなかで強烈な存在感を放ったのが、1973年の650RS「W3」。なのでW系オーナーには特に有名で、筆者も中学生の頃に映画を観て以来、熱狂的なファンとなり、71年製の「W1SA」を2台も乗り継ぎ、今でも大切な愛車としている。(レスポンス)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン