現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > アウディが2019年内に20以上のニューモデルを投入。Qシリーズにもスポーツバックを設定

ここから本文です
業界ニュース 2019.6.5

アウディが2019年内に20以上のニューモデルを投入。Qシリーズにもスポーツバックを設定

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

独アウディは5月23日、株主総会において、新型車の投入予定などからなる新たな経営戦略を発表した。

本拠地ネッカーズウルムで開催された株主総会で経営サイドから示されたプランは多岐にわたるが、自動車ファンとして気になる新型車の投入については、年内に20を超えるニューモデルを投入予定とのこと。

    アウディの最上級SUV「Q8」は後席もラゲッジもしっかり使えるSUVクーペだった

その中には、ベストセラーとしてブランドの屋台骨を支える「A4」の改良新型や、フラッグシップSUV「Q8」に追加される2つのスポーティバージョンなどのほか、デザインコンシャスな「Q3スポーツバック」、「eトロン・スポーツバック」が含まれる。これまで、「A3」「A5」を始め、ハッチバックやクーペを対象に展開されてきたスポーツバックが、初めてSUVのQシリーズにも設定されるというのは大きなニュースだろう。ほかに、プレステージ性を高めたA8派生モデルの開発も進められているとのことだから期待したい。

また、電動化も積極的に進める方針で、2025年までに電動化モデルの販売比率を40%に高めるため30以上のモデルを電動化し、うち20はフルEVになるとのことだ。プレスに向けては、来年デビューするポルシェと共同開発中のアッパーセグメント用モデルや、MEBと呼ばれるEV用車台を共用する少なくとも3つのコンパクトモデルなどが具体的に言及されたからこちらも楽しみだ

さらに、レンタカー事業者「SIXT」と組んで展開するプレミアムなモビリティサービス「アウディ・オンデマンド」の拡大展開や、スペシャリティカー「TT」の特別仕様車「クオンタムグレーエディション」をオンライン販売するなどの新しい取組も紹介された。

欧州で導入された新燃費試験「WLTP」への対応や、停滞の兆しを見せる世界経済にもかかわらず、アウディの業績は比較的好調という。新たな経営の原則として打ち出された「Consistently Audi」のとおり、フォーリングスから今後も「一貫してアウディらしい」モデルが登場することを楽しみにしたい。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(carview! 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • jug*****|2019/06/05 15:14

    違反報告

    とにかくAudiは 本国発表と日本投入のタイムラグが長すぎます。
  • all*****|2019/06/05 09:10

    違反報告

    第一に安全装置を充実させる
    第二に価格を下げる
  • cnb*****|2019/06/05 09:58

    違反報告

    アウディって内外装がソツなくまとまっていて、素材の選択やデザインに良いもの感はある。
    けれども、ボデイサイズが同クラス他社の車よりもデカくして、ここぞとばかりにご立派に見せているのに、なぜか室内が狭い。
    よりによってFFのくせになぜFRの同業他社よりも狭いんじゃ!という車もある。
    また、最大の欠点として乗った時の面白みは、 無い。
    要するに、なんだかんだで見た目重視なんだよね...でも、時代的にそれが正解かも。
    カローラからプリウス、クラウン、ヤンキー向けアルヴェル、はたまたプースラまでほぼ全車種デザインが迷走中でカッコ悪いトヨタ車よりは100倍イイ!
    でも、営業車や過酷な用途に仕様するなら、ほとんど壊れないトヨタ車の方が100倍イイ!
    トヨタ車買うなら、ランクル、ハイエース、プロボックス、ヴィッツ!
    その他はまあ、別に...


(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します