現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「人テク」で見つけた、ちょっと先のハンドリングにつながるデバイスたち

ここから本文です
業界ニュース 2019.5.27
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■NTNのステアリング補助機能付きハブとSHOWAのステア・バイ・ワイヤ

2019年5月22日~24日の期間にかけて、今年も「人とくるまのテクノロジー展」がパシフィコ横浜にて開催された。主催は公益社団法人 自動車技術会、エンジニアのための自動車技術展として、日本最大の規模で行なわれている。出展は600社を超え、一日では見て回ることは到底不可能な展示会だが、多くのサプライヤーが売り込みをかけて自信作を並べている展示会だけに、未来につながる技術を見ることができる貴重な機会でもある。(carview!)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • oku*****|2019/05/27 13:35

    違反報告

    見た目通りバネ下が重くなるデメリット。
    2軸制御した場合、転舵軸がストロークに無関係で設定できるメリット。(ジオメトリー変化抑制・マルチリンクの省略)
    一般車ではコスト的に無意味なのでスポーツカーが採用してくれるかな。
  • zen*****|2019/05/27 10:46

    違反報告

    前、このハブステアの記事でコメした通りの内容になるが、バイワイヤー化したらタイロッドが左右繋がっている必然性もなくなるので、このハブステアと同じ事を出来てしまう(要はいらない)と思うんだが。ゲームだとフォースフィードバックや可変レシオのステコンが普通なので案外簡単かも知れないが、フェイルセイフや誤作動やメンテがどうなるかだな。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン