現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > コンチネンタルは自動運転、コネクト、効率がテーマ…人とくるまのテクノロジー2019

ここから本文です
業界ニュース 2019.5.24
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

5月22日から24日まで、神奈川県横浜市のパシフィコ横浜で開催されている「人とくるまのテクノロジー展2019」。独コンチネンタルも自動車業界のトレンドに沿って、「自動運転」、「コネクティビティ」、「効率化」をテーマに出展している。

デンソーや独ボッシュなどと並び、「メガサプライヤー」とよばれる同社も、クルマの機能全体をカバーする製品ランナップが印象的である。

    999台限定、アウディR8の2WDモデル「RWS」はクワトロと別モノ

通路に面して最も目立つ場所に展示されているのが「3Dフラッシュライダー」。このLiDARは、レーザー光を2度発射して物体を把握し、3Dイメージとして認識する、同社の最新テクノロジーを搭載している。(レスポンス)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン