現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 衝撃のデビューからはや35年今なお古さを感じさせない魅力的スタイル『SUZUKI GSX1100S』#RIDE

ここから本文です
業界ニュース 2019.5.24
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

35年前にデビューしたオートバイなんて、今や旧車として扱われてしまうのが普通だろう。
しかしカタナは、ハンス・ムートの手になる斬新で美しいスタイリングによって、今も色褪せることのない存在感を放ち続け、現在でも多くのファンを惹き付ける、時代を超えた名車と呼ぶにふさわしい1台だ。

普遍的な人気を誇る稀な存在
79年。ドイツの2輪専門誌「モトラッド」が、創刊号の巻頭特集としてデザインコンペを企画。

    峠道でこそ輝く!? 新型「KATANA」試乗インプレッション!

その話がスズキにも持ち込まれ、イタリアの工業デザイナー、ジョルジェット・ジュージアーロにデザインを依頼したGS850Gベースのカスタム車を出品する。(webオートバイ)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • hig*****|2019/05/24 06:11

    違反報告

    タイトルにある「古さを感じさせない」には賛同できないな。
    古さは感じるでしょ。 ただ、それも含めて好きですよ。
    カタナに対して「古さを感じさせない」なんていう謳い文句は初めて聞いたけど、本当に、わかってる人が書いた記事なんでしょうか。
    ちなみに、3型カタナに乗っています。
  • lun*****|2019/05/24 06:57

    違反報告

    レアモデルの1000Sも忘れないでね。
  • vzb*****|2019/05/24 07:42

    違反報告

    昔乗ってました。刀の前にFZR1000に乗ってたから、そのつもりで全開したら180㌔位でフレームのよじれ感じ、怖くなった覚えある(笑)ま~そんなに飛ばすバイクじゃないんだけど(笑)色んな意味でいいバイクだったわ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン