現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【今後増えることはあっても減ることはない!?】大量リコール時代で知っておくべきこと4選

ここから本文です
業界ニュース 2019.5.23
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 クルマに設計や製造過程のミスなどに起因する不具合(安全面、環境面など)が生じた場合、メーカーや輸入業者は国交省に届け出て、当該車両を回収し無償修理する。

 この自主回収には、リコール、改善対策、サービスキャンペーンと不具合のレベルによって3段階に分類されている。

    【6気筒エンジンなぜ復権?】スバルが捨てマツダが新規採用する6気筒エンジンはそんなにいいのか? 

 クルマに限らず工業製品は不具合が出ることはあるし、メーカーがキッチリと届け出してくれたことでユーザーは安心に乗ることができるようになる。

 しかし、そのリコールが頻繁に出る用だと大丈夫か? と不安にもなる。(ベストカーWeb)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン