現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > メーカーに直撃! 幅が広すぎてわからない今流行の自動車ジャンル「SUV」の本当の定義とは

ここから本文です
業界ニュース 2019.5.21
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 トヨタは「スポーツ用多目的車」「多目的スポーツ車」などと回答

 相変わらず世界的に人気があるSUV。もともとはジープやレンジローバー、トヨタのランクルや日産サファリなどの、悪路に強く、多くの荷物を積めるクルマのカテゴリーで、日本では「四駆」とか「クロカン四駆」と呼ばれるクルマたちのことを差していた。

    なんちゃってヨンクだらけの今こそ乗りたい「悪路御用達」の男前国産SUV4選

 しかし近年は、背の低いSUVやクーペスタイルのSUV、ラグジュアリーを重視した高級SUVまで登場し、定義が不鮮明に……。

 そこで、去年12月に5代目RAV4を発売したトヨタに、「SUVとは?」という質問を投げかけてみた。(WEB CARTOP)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • kab*****|2019/05/22 06:02

    違反報告

    メーカーのご都合の分類、FFで重いスタイルだけを出しているメーカーに聞いても答えはそんなとこ。
    アイスバーンでスタッグしたり自重で止まれなくなったら恥ずかしい。
    見た目だけのなんちゃっても普段は必要ということかな

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン