現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 過去最大の1714台が集結!ルノー カングー ジャンボリー開催

ここから本文です
業界ニュース 2019.5.20

過去最大の1714台が集結!ルノー カングー ジャンボリー開催

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

5011人が集まる年に1度のオーナー同窓会

「もう、毎年5月が楽しみで!」と話すのは、ルノー カングー・オーナーの山崎さん。今年で11回目の開催となる「ルノー カングー ジャンボリー 2019」が5月19日に開催された。昨年よりも341台も多い1714台と5011人の来場者が山梨県山中湖交流プラザ「きらら」に集結し大きな盛り上がりを見せた。

    オススメの輸入コンパクトSUV5選!都会的なオシャレ派やキャンプ初心者にピッタリ

 2008年から開催されているカングー ジャンボリーは、ルノー・ジャポンの主催で毎年開催されているイベントで、全国各地からカングーに惚れ込んだオーナーが驚くほどたくさん集結する。コンテンツの充実はもちろんだが、年々右肩上がりに参加者が増えている理由のヒトツに、カングーは長距離を運転しても疲れにくいというのもあるのだろう。

 イベントに参加する人たちにとって、もっとも重要なのがオーナー同士の交流だ。そう聞くと「ただ単に集まるだけ?」と思うかもしれない。しかし、カングージャンボリーは、オーナーの同窓会のような場所でもある。もちろん、イベントコンテンツとして十分すぎる内容が用意され、カングー・オーナー以外の入場も可能だ。

 具体的に説明すると、会場内にはフリーマーケット、マルシェ、キッチンカー、フォトスポット、塗り絵コーナ-、シャボン玉エリア、飴細工教室、ルノー オフィシャルショップ、ドッグエリアを設けている。さらに、ドッグエクストリーム・チャンピオン競技(愛犬と飼い主が一緒に全力疾走をしないと勝てない本気のドッグスポーツ)も開催。

 このほかにも、ルノー ジャポンがサポートするトレイルランナー上田瑠偉選手と一緒に山中湖岬を走ったり、Bリーグに出場する東京エクセレンスによるバスケットボール教室を開催するなど、参加型コンテンツも充実している。彼女や友達、お子さんのいる家族連れでも1日楽しめる内容ばかり。

 約800台のカングーが、駐車可能なスペース「原っぱエリア」と「広っぱエリア」にずらり。このエリアに入りきれなかったカングーはAからEまでの駐車エリアに誘導されるも、あっという間に全エリアが埋まった。周りを見渡せば、それぞれのカングーは思い思いにドレスアップが施され、同じ仕様のクルマは2台とないのでは? と感じられるほど。

 各エリアに共通していることは、オーナーがそれぞれのスタイルで楽しんでいること。特にイベントとして、参加者は何かしなければならないというルールがあるわけではない。タープを張ったり、愛犬と散歩したり、昼寝をしたり、お洒落にパッキングされた料理と淹れ立てのコーヒーを飲んだりと自由な時間を過ごす。まさにフレンチスタイルの休日を各々楽しんでいた。そんなユルさこそ、カングー ジャンボリーというイベント企画のキモなのかもしれない。

 開会式では、ルノー・ジャポン代表取締役社長の大極 司さんも駆けつけ、「今日のテーマですが、フレンチスタイルな休日を楽しむ。フレンチスタイルの休日ってなんだろう? と思われるかもしれませんが、まったりと過ごすことや自分の好きなこと、個性に合わせた1日を楽しむが、フレンチスタイルそのもです。大道芸があったり、ワンちゃんの競技があったりと会場には豊富なコンテンツを用意しています。皆さんでお楽しみにください」とコメントした。

 ステージでは新旧問わず様々なクルマとカーライフを紹介する自動車専門誌「Tipo(ティーポ)」編集長の佐藤考洋さん、カーライフジャーナリストのまるも亜希子さんがMCを務めて会場を沸かせた。毎年恒例となっているTVK「クルマでいこう!」の公開収録、記念撮影。短編映画「岸辺の二人」と河瀬直美監督作品「Moon/月/La Lune」を上映し、来場者を虜にしていた。

 そして、毎年このイベントで行われているのが限定モデルが発表だが、今回は5月10日に200台限定で販売されたマロン ショコラ メタリックのボディカラーを纏った「カングー エスカパード」を展示。

 なお、エスカパードには通常グレードとは異なり、フロントマスクを特徴づけるデイタイムランプ、フロントバンパーシルバートリム、ボディ同色ドアミラー/サイドプロテクションモール、マルチルーフレール、リアスキッドプレート、バックソナー、専用デカール、専用ファブリックシート、専用フロントドアトリム、センターコンソールボックスレザー調リッドが装備されている。価格は税込み265万900円となっている。

 また、会場では初の試みとなるルノーのコンパクトモデル、トゥインゴによる「プチ トゥインゴ ジャンボリー」も開催され、約50台以上が集まった。カングーばかりが注目されるイベントの中でルノーの豊富な車種バリエーションを活かした新しい企画にも今後は注目したい。

「今回で5回目の参加になります。今年は主人が来られなくて、私と娘で来ました!」と話すのは長野県からお越しの山崎さん。クルマは旦那さんの趣味で、いろいろとモディファイがなされているが、運転はとくに苦労することなくMTを乗りこなしてきたというのだから驚きだ。

 クリームイエローのボディカラーに赤が映える室内は、カングーだからこそできるアレンジ。「ディーラーで装着したものありますが、ドアの内張やリアの小物入れがハンドメイドで作りました。毎日触れる部分だからこそ、小さなアクセントを自分で作れることも魅力です」と話す。

 さらに、山崎さん家族は、カングーが好きすぎるが故に3度にわたりフランスへ行ったというのだから驚きだ。カングーを乗ったことがきっかけで繋がった友人関係もあり、まさに幸せを運ぶクルマなのだ。

 このようにルノーオーナーはもちろん、それ以外の人でも誰でも気軽に参加できる「ルノー カングー ジャンボリー」。今年は訪れることができなかった人は、来年は是非フレンチな休日を楽しんでほしい。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(Auto Messe Web 『Auto Messe Web編集部』)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • omo*****|2019/05/20 21:42

    違反報告

    このイベントももちろんそうだけど、マツダとかミツビシ・スバルとかも時たま開催しているメーカーが協賛しているファンイベントこそファンを増やして企業を創る大切なイベントだと思う。

    開発して宣伝して新型車を売り込むのももちろん大切だと思うけれど、それ以上にオーナーを楽しませるのって大切だと思う。

    それほど交通の便がいいとはいえない富士山の麓でこれだけのカングーが集まるのはすごいなぁ、面白そう。ほんと愛されてるクルマですね。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します