現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > クルマと過ごす日々vol.51

ここから本文です
業界ニュース 2019.5.19

クルマと過ごす日々vol.51

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

編集長 髙橋明の「取材、ときどき、タカハシ」

先日の10連休で原稿をだいぶ吐き出せました。その後記です。

    ボルボ CATL(中国)・LG化学(韓国)とリチウムイオン・バッテリーの長期供給契約締結

三菱デリカD:5は、タカハシの出演するラジオ番組FMヨコハマ「ザ・モーターウィークリー」とコラボして、記事を掲載しています。この時は奥多摩の小河内ダムまでドライブ&ハイキングです。その時の放送はこちら。

新型デリカD:5はディーゼルだけこの顔になってマイナーチェンジ。ガソリンモデルはスライド販売しています。が、販売の大多数がディーゼルなので、ディーゼルだけMCというわけ。で、マジでいいっすよ。記事はたくさん書きましたが、走破力も乗り心地も、静粛性も高く、ユーティリティもあるのでいいですね。贅沢を言えば高速安定性がクラスレベルといった印象で、他の性能がいいだけに欲が出る?

この方が伊藤梓さん。番組の中でレポートしています。

ダム湖100選というのがあるんですね。

ダム展望台から覗けます。

トヨタRAV4。デザインが良くないという声も聞きますが、個人的にはイケてます。じつはこのRAV4はすでに85万台も売れたモデル。1車種でその数字は驚異的なんですよ。例えばマツダは2023年にグローバルで年間200万台の販売を目指すという中期経営計画ですから、その凄さはイメージできると思います。

RAV4の試乗会では悪路走破力もテストできました。4WDが3種類ありますからね。詳しくはこちらの記事をどうぞ。トヨタのエンジニアもこだわりが強いですね、いい仕事してます。

RAV4の試乗会場は朝霧高原。富士山が雄大でした。

富士山、間近でみると「でかっ!」あまりの巨大さにすこし怖さもあります。

もう一台痺れたクルマがあります。プジョー508です。記事タイトルに「下克上」と書きましたがプレミアムDセグメントに挑戦状を叩きつけたいるのではないか?というほど、画期的なモデルでした。

思い切りの良さに感心です。昔懐かしい4ドアピラードハードトップなのですが、窓が全開で開かない。しかも前後とも。エクステリアデザインを優先すると、ガラスの収納ができないということからこうなるわけです。

日本のメーカーだと、こんな半端な開き方はOKされないでしょうし、仮に発売してもユーザーが許さないのではないかと思いますが、どうですかね?今の時代、窓を開けるのは駐車券を取る時くらい?なのは世界中で同じですしね。

印象的だったインテリア。この角度からだと革新が感じられました。みなさんどうでしょう?飛行機を思わせるシフトノブの形状、スイッチ形状も斬新でトグルスイッチをおしゃれデザインに。ステアリングは超小径ですが、この写真ではわかりませんね。

思わずシフトチェンジしたくなるATシフター。アイシンの8速ATです。

日常的に使わないものもここにまとめてあります(笑)。でも美しい。

そして全身の写真がないですけど、4ドアセダンのようで実はファストバック。5ドアです。ご興味が沸いたらこちらの記事で詳細を見てみてください。

編集長 髙橋明の「取材、ときどき、タカハシ」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(Auto Prove 高橋 明)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します