現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 456GTから612スカリエッティへ。華麗なる2+2モデル(1992-2004)【フェラーリ名鑑】

ここから本文です
業界ニュース 2019.5.19
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1992年、400シリーズに代わる「456GT」デビュー

約17年間にわたってカスタマーに親しまれた直線基調のクーペデザインに別れを告げ、フェラーリがフルサイズ2+2のフルモデルチェンジを行ったのは1992年のことだった。ここでデビューしたのが「456GT」だ。ボディスタイルは前作の412から一転して丸みを帯びた現代的なスタイルを採用。ボディサイズも日常の扱いやすさを考慮して、全長などは同様の比較で80mmほど短い設定となった。車名の456は1気筒あたりのエンジン排気量で、すなわち456に搭載されるV型12気筒エンジンの排気量は5474ccとされている。(GENROQ Web)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • tat*****|2019/05/19 18:53

    違反報告

    ミッションオイルが沸騰してミッションが壊れるというのはホントなんでしょうか
    スタイルはよく生産台数も少なく512よりフィオラノのラップタイムがいいのに爆安状態なのは事実の裏付けなのでしょうか
  • egl*****|2019/05/19 19:57

    違反報告

    スカリエッティは不細工
  • the*****|2019/05/19 19:39

    違反報告

    456と612の違いは、フレームがスチールからアルミになったことと、フロントアクスルを前進させてホイールベースを伸ばしフロントミッドシップ化されたこと。
    この違いは、同じFRのマラネロと559にも見られる。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン