現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 住友ゴム タイヤ管理システムをIoT企業と展開

ここから本文です
業界ニュース 2019.5.19

住友ゴム タイヤ管理システムをIoT企業と展開

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

住友ゴムは、これまでのタイヤ販売ビジネスにとどまらず、直接式TPMS(Tire Pressure Monitoring System:タイヤ空気圧監視システム)を使ったタイヤ空気圧管理ソリューションの展開を行なうとともに、他のデジタルツールを用いて得られる様々なタイヤデータを利用したソリューションシステムの構築のため、2019年5月16日にトライポッドワークス、SYSGRATION LTD.の2社との基本業務提携契約を締結した。

ソリューションサービスへ

    ジープ グランドチェロキー・トラックホークを一部改良

今回の業務提携はタイヤ技術コンセプト「SMART TYRE CONCEPT(スマート・タイヤ・コンセプト」に、デジタルツールを用いて得られるさまざまなデータを利用した新たなソリューションサービスの領域を追加し、拡張していく取組の一環だ。

MaaSの発展により、カーシェアリング、ライドシェアなどクルマの所有から使用への転換がグローバルで進んでおり、同時に自動運転や輸送トラックの隊列走行など急速な技術進展により、近い将来に自動運転、無人運転が想定されている。そうした中、タイヤ管理の自動化や予知保全サービスの提供など、タイヤ管理、車両管理ソリューションが重要となってくると想定されているのだ。

こうした自動車業界の変化に対応するため、住友ゴムはオープンイノベーションによるデジタルツールの活用により、新たなサービスを創出しようとしている。

直接式TPMS(タイヤ空気圧監視システム)などのデジタルツールを使って得られるタイヤの空気圧・温度データを活用したタイヤ空気圧管理ソリューションサービスの展開をいち早く行ない、今後はさらにデジタルツールの機能追加、外部サービスとの連携を実施することで、タイヤ管理ソリューションモデルを段階的に拡張していくとしている。

なお今回、業務提携を行なう企業は次の2社だ。トライポッドワークス(宮城県仙台市)はTPMSソリューションをはじめとする自動車向けIoTサービスの開発・販売、情報セキュリティ、クラウドサービスの開発・販売を行なっている。SYSGRATION LTD.(台湾台北)は、TPMS、周辺機器の開発、製造を行なう企業だ。

住友ゴム 関連記事
住友ゴム 公式サイト

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(Auto Prove Auto Prove 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します