現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 未来のクルマ爆誕!BMW i3試乗レビュー!

ここから本文です
業界ニュース 2019.5.17

未来のクルマ爆誕!BMW i3試乗レビュー!

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2000年代以降、クルマにとって電気の力を欠かせないものになってきました。数々の車載コンピューターだけではなく、電気を動力源の1つとしたハイブリッドカーやプラグインハイブリッドカーが登場し、それらが今では珍しくなくなりました。そして、近年、ついに電気の力だけで走る電気自動車(EV)が市販化され、街中でも見かけるようになりました。代表的なところでは、日産・リーフやアメリカのテスラなどが挙げられますが、欧州ブランドでいち早くEVを提供したのがBMWです。2019/5/16

BMW i3とは?

    およそ2年ぶりに復活を遂げた、新型 BMW Z4。その走りとインターフェースに迫る

BMWと言えば、「駆けぬける歓び」というスローガンのもとに、運転する楽しさを誰よりも重視するブランドであるため、エコなイメージの強いEVとは対極にあるように思われがちですが、BMWが提唱する「駆けぬける歓び」とは、いつまでもガソリンエンジンにこだわるという単純なものではありません。
時代に合わせたクルマを提供しつつも、その中でBMWなりの「駆けぬける歓び」を付加価値として与えるというまさに哲学そのものであるため、そこにはパワートレインの種類など関係ないと言えるでしょう。
そんなBMWが、来るべき電動化の時代に向けて発表したのが、今回紹介するi3です。欧州では2013年、日本では2014年に発表されたi3は、BMWのサブブランドBMW iの初のモデルとして、世界中に衝撃を与えました。
ちなみに、BMW iはこのi3以外にもスーパースポーツPHVであるi8がラインナップされており、将来的にはさらにモデルが拡充される予定です。それではi3についてレビューしてみたいと思います。

なぜ、カーボンなのか?

前項でi3が世界中に衝撃を与えたと述べましたが、その理由の1つはi3がカーボンモノコックのボディシェルを採用していることです。通常自動車に用いられる鋼板に比べ、カーボンは軽量かつ高強度である一方その価格の高さから、超高性能かつ超高価格なスーパーカーなどしか用いられることはありませんでした。i3も決して安価なクルマではないですが、それでも数百万円レベルで、年産1万台以上を見込むモデルでカーボンを採用するのは異例のことでした。
しかし、これにはEVならではの合理的な理由があります。ガソリンエンジンやディーゼルエンジンを搭載したクルマであれば、最も重量を占めるのはエンジンそのものですが、エンジンのないEVの場合、一番の重量物はバッテリーです。バッテリーのサイズ、容量はクルマの動力性能や航続距離に直結するため、実用的な航続距離を実現するためには、大きなバッテリーを搭載したいところですが、現在のバッテリーの技術では、一般的なクルマのサイズでガソリンエンジンと同等の航続距離を実現しようとすると、人が乗れないほどバッテリーが場所を占めてしまいます。
また、バッテリーを積めば積むほど、バッテリー自体の重さで航続距離が伸びないというジレンマもあります。i3の場合、欧州の都市間移動ができるよう約150kmの航続距離を目標にしたとされていますが、それでもバッテリーのスペースがかなり巨大になってしまうことから、最後の手段としてボディそのものを軽くすることを選んだのです。ちなみにこのカーボンの素材は、日本のものが採用されています。

BMW i3の走りは?

i3には、純粋にモーターの力だけで走行するピュアEVモデルと、発電用のエンジンを搭載したレンジエクステンダーモデルの2種類が用意されています。エンジンを搭載しているとはいえ、あくまで発電用なので、乗り味は完全にEVです。ただ、ピュアEVモデルと異なり、充電をしていない状態でもガソリンがあれば走行することができるので、レンジエクステンダーモデルの方が安心感はあるでしょう。
i3が衝撃を与えたのはカーボンモノコックの採用だけではありません。BMWらしくない、でもBMWだとひと目でわかるデザインに加え、155/70R19という狭幅/大径の専用サイズのタイヤも目新しいものでした。このどちらも、EVならではの特徴から考えられたもので、見るからにガソリンエンジンのクルマとは異なるドライビングプレジャーを予想させます。
スタート時から最大トルクを発生させるEVらしく、アクセルを踏み込んだ瞬間からガソリンエンジンとは異次元の加速を感じることができます。シームレスな加速もさることながら、日産・リーフなどと比べても強力な回生ブレーキも注目です。最初はとまどうかもしれませんが、慣れるとほぼワンペダルでのドライブが可能となり、その楽さはやみつきになるでしょう。一方で、ある程度高速域に入ると加速感は薄れてしまうのもEVの特徴です。しかし、アウトバーンを走行することを想定されていることから、高速走行時の安定性はまったく問題ありません。

i3は、EVとしての「駆けぬける歓び」を感じさせてくれる1台ですが、まだまだ発展途上ということは間違いないでしょう。今後登場する新モデルも含めて、さらに進化するBMW iのモデルが楽しみで仕方ありません。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(CarMe カーミー)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します