現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 究極のランボルギーニは乗り手を選ぶ──ランボルギーニ アヴェンタドールSVJ試乗記

ここから本文です
業界ニュース 2019.5.16
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近のスーパースポーツは、超高性能だけど快適性も充分に確保されていて乗り手を選ばないという傾向にある。

スーパーカーの代名詞であるランボルギーニも例外ではなく、たとえばウラカンは段差でフロントスポイラーを擦ってしまいかねない点と横幅にさえ気をつければ、運転に特別難しいところはない。

    29歳、フェラーリを買う──Vol.9 フェラーリの洗車事情

もちろんポテンシャルを発揮するには高いスキルが求められるけれど、ドライの高速道路でアクセルペダルを踏み込み甲高い音を響かせて「ランボってすげえ!」と感心するまでなら、それほどハードルは高くない。

と、思っていたけれど、アヴェンタドールSVJはちょっと違った。(GQ JAPAN)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン