現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > なぜ京都・二条城で開催? クルマの美を競う祭典「コンコルソ・デレガンツァ」とはどんなイベント?

ここから本文です
業界ニュース 2019.5.13

なぜ京都・二条城で開催? クルマの美を競う祭典「コンコルソ・デレガンツァ」とはどんなイベント?

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■日本から発信! クルマの“美の祭典”が開幕

 2019年4月13日から14日にかけて、ヴィンテージカーの祭典「コンコルソ・デレガンツァ・京都2019」が開催されました。場所は京都「元離宮二条城」内の一般非公開エリア「二の丸御殿中庭」。世界遺産でもあるこの場所に、美しいクラシックカーが展示されました。

    ウン千万円でも日本はスーパーカーが激売れ!? ランボルギーニ 新型「ウラカンEVO」の狙いとは

 このイベントは、集まるクルマのレベルや格式などが、通常のクラシックカーイベントとかなり異なるようです。具体的には、何が違っているのでしょうか。

 直訳すると「優雅さの競争」を意味する「コンクール・デレガンス」とは、クルマの美しさを競う大会のことです。イタリア語では、このイベント名でもある「コンコルソ・デレガンツァ」となります。

 このイベントの起源は、1930年代にヨーロッパの貴族の遊びとして行われたのが始まりです。お城の庭などを利用して、独自のボディをまとったクルマと、最新のファッションをまとった美しい女性、そして犬を連れて、そのエレガントさを競っていました。

 戦前の多くのクルマはシャシーのみの販売で、各オーナーが職人に依頼してボディを作成していたことから、それぞれのクルマのデザインもより個性的なものでした。

 その当時から今に至るまで続いているもののひとつが、イタリアのコモ湖湖畔にある庭園「ヴィラ・デステ」で開催されている「コンコルソ・デレガンツァ・ヴィラ・デステ」です。途中に休止期間がありましたが、今でも知名度が高く、最も由緒あるコンクールとして知られています。

 また、アメリカに目を向けると、有名なゴルフ場「ペブルビーチゴルフリンクス」の18番ホールで行われる「ペブルビーチコンクール・デレガンス」があります。こちらも最高峰と呼ぶにふさわしいもので、毎年8月になると世界中からこのゴルフコースを目指してセレブリティをはじめ、さまざまな自動車愛好家たちが集まります。

 つまり、アメリカとヨーロッパにはこういった格式あるコンクール・デレガンスが存在するのです。

 一方アジアに目を向けてみると、欧米のようなコンクール・デレガンスは行われていません。日本においても「クラシックカーイベント」と銘打たれたものはあまたあれど、その多くが走行イベントで、クルマの美を競うようなものはほとんどないことが実情なのです。

■クルマだけじゃない! コンクール・デレガンスに必要な3つの要素とは

 コンクール・デレガンスに必要なものは大きく3つあります。

 ひとつ目は当然クルマ。これはただピカピカに磨き上げられていることが重要なのではなく、まずそのクルマの歴史がしっかりしていることが必要です。たとえばこれまでの経歴や、どういったオーナーが所持していたのか、といったことが含まれます。

 また、オリジナル性がどれほど高いかも重要です。従って、新車当時から全く修復などされていないクルマかどうかも条件に入ってきます。

 ふたつ目は展示される環境です。ヴィラ・デステやペブルビーチなど、歴史があり風光明美で、かつ普段はクルマが入ることができない特別な環境。そのうえ、そこにクラシックカーを置くと“様になる”ような場所が望ましいでしょう。

 そして最後は審査員です。当然のことながら、クラシックカーのことを深く理解していて、かつ美的センスが必要となります。そのため、多くのコンクールにはクラシックカーの専門家のほかに、カーデザイナーが名を連ねることが多くあります。

 日本人では、オペルで活躍したカーデザイナーの児玉英雄氏はコンコルソ・デレガンツァ・ヴィラ・デステの審査員を務めたほか、日産のデザイン部門の元トップとして知られる中村史郎氏は、ペブルビーチコンクール・デレガンスの名誉審査員を現在も務めています。

 これらのハードルの高い条件をクリアすることは至難の業です。それでもアジア、とくに日本において世界に誇れるコンクール・デレガンスを開催したいという想いで、3年前から「コンコルソ・デレガンツァ・京都」を催し始めたのが、アートアクアリウムなども手掛ける木村英智氏でした。

 木村氏は、実際に海外の多くのコンクール・デレガンスを見学したり、また自ら出品するなどで知識と知己を増やしていくことで、開催の準備を整えていきました。

 また、本業であるアートアクアリウムの仕事も大きくそこに影響しました。過去にアートアクアリウムを開催した京都の「二条城」を、コンクール・デレガンスの場所として提供してもらえたのです。

 日本らしく、しかも世界遺産というグローバルに認められた場所での開催ですから、これだけでも世界に誇ることができる要素といえるでしょう。これで条件のひとつはクリアできました。

 次に、審査員は前述の2大コンクールの審査委員長や審査員を招聘しました。彼のこれまでの活動の功績が認められ、FIVA(国際クラシックカー連盟)の公認イベントにも認定されたうえ、その会長も参加しています。さらに、中村史郎氏も審査員として出席し、条件のふたつ目もクリアしました。

 そして肝心のクルマは、出品車両に特徴を出すことを目的に毎年テーマが設けられています。2019年は、イタリアの名門カロッツェリア(車体を製造する職人・業者)である「ザガート」の100周年がメインテーマとされました。

 もちろんイベントは本家ザガートの全面バックアップのもとで行われ、ザガートのCEOであるアンドレア・ザガート氏や、同社バイスプレジデントデザイナーの原田則彦氏も駆け付けました。さらに、このイベントを皮切りに全世界で100周年イベントを行っていくと発表されたことから、本国でもこのコンクール・デレガンスの重要性を認識しているといえます。

 そして、近年ヒストリックカー部門の「ポロストリコ」に力を入れているランボルギーニのモデルも多数登場しました。

 1960年代のGTカーである「イスレロ」や「エスパーダ」、そしてミッドシップレイアウトが採用された「ミウラ」をはじめ、スーパーカーブームの中心となった「カウンタック」や同社のSUVの始祖となる「LM002」も展示され、会場はランボルギーニ博物館の様相を呈していました。

■最優秀賞は「ランボルギーニ」と「ザガート」のダブルネーム

 クルマの美を競い合う催しであることから、最優秀賞である「ベストオブショー」が選ばれます。今年はランボルギーニ「350GTザガート」が受賞しました。

 アメリカからエントリーしたこのクルマは、「350GT」をベースにザガートの手で2台のみ作られたうちの1台で、いわばランボルギーニとザガートのコラボレーション作品といいでしょう。

 このクルマはアメリカで車検を取得し、実際に走ることができる状態を保っています。今回もイベント終了後に2泊3日の日程で行われた四国までのツアーに参加。トラブルもなくワインディングロードを駆け巡っていました。

 じつはもう1台、ザガート100周年を記念した新たなコラボモデルもお披露目されました。ランボルギーニ「5-95ザガート100thアニバーサリー」です。

 以前ザガートは、「ガヤルド」の関連モデルをベースに同社の95周年記念モデルを作成しました。

 この新たなコラボモデルはそれを100周年モデルとしてリデザインしたもので、トランスミッションも標準のe-ギア(ランボルギーニの自動MTシステム)からMTに換装され、ランボルギーニのテストドライバーであるバレンティーノ・バルボーニ氏自身がチューニングを行った、いわば本当のスペシャルモデルです。

 バルボーニ氏本人もサプライズで登場し、イベントを大いに盛り上げていました。

 ※ ※ ※

 毎年進化を遂げている本イベント。今年は、海外から出たいという自発的なエントリーがあったということから、自動車愛好家からの注目も年々高まっているといえます。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(くるまのニュース 内田俊一)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します