現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 300km/hは出ませんが……スズキ・ハヤブサとコラボした若桜鉄道の”隼ラッピング列車”が新デザインになって3月より運行〈ルノー・メガーヌGT長期レポートVol.5〉

ここから本文です
業界ニュース 2019.5.8
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年より運行を開始した若桜鉄道の「隼ラッピング列車」。19年3月には新ラッピングが施され、装いも新たとなった。第一弾ではコーナリング中のスズキ・ハヤブサをイメージしたデザインだったが、第二弾となる今回は車端部に「隼」のフロントマスクが描かれ、また、各サイドでデザインを変えているという特徴を持つ。レポート日:2019年5月8日オドメーター:1601kmTEXT&PHOTO●福永貴夫(FUKUNAGA Takao)

スズキ隼乗りの聖地”隼駅”がある若桜鉄道若桜線へ行ってみた

    カーマニア必見! トヨタ博物館が「クルマ文化資料室」をオープン。世界中のミニチュアカーやカーバッジ、自動車切手、自動車ポスターなどを展示

“隼ラッピング車両”は、若桜鉄道が運用する4車両のうち1車両を利用。(MotorFan)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン