現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 平成スポーツカー図鑑<その26> 三菱 ランサーエボリューションIV(平成8年:1996年)

ここから本文です
業界ニュース 2019.5.2

平成スポーツカー図鑑<その26> 三菱 ランサーエボリューションIV(平成8年:1996年)

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いよいよ「令和」の時代が始まった。そこで、平成の時代に誕生した記憶にとどめておきたいスポーツカーたちを、図鑑風に紹介しておこう。今回は、三菱のランサーエボリューションIVだ。

WRCをより有利に戦うためにフルモデルチェンジで各部を大幅にリファイン
「三菱 ランサーエボリューションIV(CN9A型:1996年8月発売)」

    1970年代のスーパーカー図鑑(1)「ランボルギーニ カウンタック」

ランサーエボリューションは、エボIIIまでを第一世代とすると、エボIVからVIまでは第二世代となる。ベース車のランサーがフルモデルチェンジされて、各部が新しくなったのだ。

エボIVで特徴的なのは、エンジンの搭載方向が180度転回されたこと。右側にエンジン、左側にミッションが来る一般的なカタチになった。。ただ、右ハンドルの場合ドライバー側にエンジンがあることで、重量バランス的には賛否もあった。

エンジンが左側だと、駆動を伝えるシャフトの回転を逆にする必要があり、ミッションのインプットシャフトとアウトプットシャフトの間にもう一軸必要だったのだが、それがなくなり合理的になった。パワーは280psに向上した。

また新開発の左右駆動力移動システムAYCを搭載した。リアの駆動力を左右別々にコントロールする電子デバイスで、アウト側のタイヤにより多くの駆動力を配分することで旋回力を発生させ、積極的にクルマの向きを変える機能を持っていた。

98年にエボV、翌99年にはエボVIへと進化する。エボVからはトレッドの拡大によって3ナンバーサイズとなり、エボVIもWRCグループA規定変更に対応したものの、リアウイングの幅の制限に対応する2段ウイングとしたが、実戦ではFIAに認められなかった。

搭載エンジンはいずれも最高出力は280psだが、トルクは36kgmから38kgmに向上している。

ランサーエボリューションIV GSR(1996年)主要諸元
●全長×全幅×全高:4330×1690×1415mm
●ホイールベース:2510mm
●重量:1350kg
●エンジン型式・種類:4G63型・直4 DOHCターボ
●排気量:1997cc
●最高出力:280ps/6500rpm
●最大トルク:36.0kgm/3000rpm
●トランスミッション:5速MT
●タイヤサイズ:205/05R16
●価格:299万8000円

[ アルバム : ランサーエボリューションIV はオリジナルサイトでご覧ください ]

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(Webモーターマガジン ホリデーオート編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • kaw*****|2019/05/02 08:26

    違反報告

    新車で買って10年ほど乗っていました。
    市販車最速クラスの車がたった300万円という超バーゲンプライス。
    今じゃ500万以上になると思う。

    オーバーフェンダーがない分太いタイヤは履けなかったけど
    5ナンバー枠で言ったら今でも最速クラスではないでしょうか。

    エボIVで行ったサーキットで出したタイムは今の車で超えることができません。
    初心者でも早く走れる車だと思う。
  • k6a*****|2019/05/02 08:28

    違反報告

    エボん中では4が一番好きだな。

  • gua*****|2019/05/02 09:42

    違反報告

    乗ってたけど、ホント300万円そこそこで買えるとは思えないコスパ、まとまり感のあるデザインといい良いクルマだった。重いだとか重量バランスが悪い(フロントアクスルに800kg以上)とか難癖つけられ、エボⅤが出てから尚のことディスられたけど、一番生産、販売されたエボでもあったよなぁ…。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します