現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ジャガーXJ-Sを普段使いする!

ここから本文です
業界ニュース 2019.4.28

ジャガーXJ-Sを普段使いする!

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「2ドアクーペ受難の時代」であるように思える。

2ドアクーペというカテゴリーに入る車の魅力とは「パーソナル感」や「スポーツ性」など、さまざまあるだろう。だがごく簡単に言ってしまえば、それは「カッコいい」とか「イケてる感じに見える」ということであったように思う。

    ボルボ240エステートを普段使いする!

しかし平成の世も完全に押し詰まった今、屋根が低いウェッジシェイプ(くさび形)の2ドア車を「カッコいい」と感じる男の数はおそらく減少した。

多くの者にとって「カッコいい」の対象は今やプレミアムSUVへと移行しており、そうでなければ、同じクーペスタイルであっても利便性が高い「4ドアクーペ」が優勢となっている時代だ。

今、売れに売れている2ドアクーペとは、形状的には確かに2ドアクーペではあるものの、実質的にはまったくの別ジャンルとなる「スーパーカー」か、それに近い「準スーパーカー」だけだろう。

かく言う筆者もそういった時代のムードと決して無縁ではないせいか、現在の自家用車はSUVである。また近々、何らかの2ドアクーペを買う予定もない。

だが唯一かどうかはさておき、かなり気になってしまう2ドアクーペはある。

1975年から1996年まで販売された英国製の2ドアクーペ、「ジャガーXJ-S」だ。

もちろん近年のジャガーも「Fタイプ」という素敵な2ドアクーペを作っている。だがそれは汎欧州的なキャラクターも強いモデルであり、さらに言ってしまえば近年のジャガーは、「スポーティなクーペまたはセダンを作る自動車メーカー」というよりは「F-PACEやI-PACEなどのSUVに力を入れているブランド」と化したようにも見える。

だがXJ-Sは、ジャガーがジャガーだった時代の、つまりスポーツ性とプレミアム観が、あの島国のなかで独特の混淆を見せていた時代のクーペだ。

その登場は1975年9月。1960年代から70年代にかけて作られた名作スポーツクーペ/ロードスター「Eタイプ」の後継として誕生したXJ-Sは、排気量5.4リッターのV型12気筒エンジンを基本ユニットとする、贅沢きわまりない2ドアクーペだった。

車というのはエンジンの気筒数が3つか4つもあればまぁ普通ぐらいには走るもので、仮にXJ-Sのように大柄な車であっても気筒数は6つか、せいぜい8つで事足りる。

だがジャガーはあえてこの車に、部品点数が多くなるため整備するとなるとどうしても手間とカネがかかり、卑近な話をするなら各種税金も高くならざるを得ない「大排気量のV型12気筒エンジン」を搭載した(※1983年には直列6気筒も追加したが)。

その直接的な理由は、まずは単純に「前身のEタイプが5.4リッターのV12を積んでいて、それをそのままキャリーオーバーしたから」というのがある。さらに、V12エンジンは理論上、振動のない「完全バランスエンジン」であるゆえ、高級パーソナルクーペにふさわしかったという理由もあるだろう。

またさらに言えば、現代の技術をもってすれば6気筒または8気筒エンジンでも生み出せる余裕のパワーと静粛性あるいは官能性が、この時代は12気筒でしか実現できなかったから、という現実的な理由もあったはず。

だが根本のところを言うのであれば、ジャガーXJ-SにV型12気筒エンジンが採用された理由は、筆者が思うに以下のとおりだ。

「ジャガーは金勘定をしなかった。そしてユーザーも、それを求めなかった」

コストもかかる、故障もする、それでも乗る

贅を尽くそうと思えば、車に限らず寿司でも衣服でも住居でも、どうしたってそれなり以上の金銭は必要となる。

そういった金銭の支出そのものを嫌うのも、あるいは「もう少し安く、もっと効率的に、同じぐらいの贅を味わえないものだろうか?」と工夫することも、決して悪いことではない。いや悪いことではないどころか、むしろ推奨されてしかるべき態度だろう。

だがもしも「どちらが粋か?」と問われたならば、軍配は間違いなく「効率など知ったことか。とにかく我々は最高のモノを作り、それを求める人々に届けるのだ」と考えた当時のジャガーに、そしてそれを受け入れた当時のユーザーたちに上がるはずだ。

そこが、ジャガーXJ-Sという2ドアクーペ(ないしはコンバーチブル)のカッコ良さの根本であるように、筆者には思える。

そして世の中がダウンサイジングターボ(小排気量エンジンに過給器を加えることで、効率的かつ経済的にパワーを生み出す仕組み)を中心とする「効率一辺倒」になっている今だからこそ、ある意味で非効率なV型12気筒エンジンを積むジャガーXJ-Sの「粋」あるいは「やせ我慢」が、異彩を放つのだ。

V12搭載グレードの1991年における新車価格は1145万円。だがその中古車は今、車両250万円から350万円付近にて探すことができる。とはいえデリケートな部分も多い(そして気筒数も多い)エンジンゆえ、メンテナンスのコストはそれなりにかかってしまうことは間違いない。

だがそれでも、やや金太郎飴的な近年の1000万円級2ドアクーペを買うよりはるかにディープな満足と個性を、はるかに低コストで得られるじゃないか、という見方がないわけではない。

結局は何を大切とするかだ。もしも貴殿が「粋」「伊達」といった部分を己の至上命題とするのであれば、この端正な英国製12気筒クーペは今なお、というか今だからこそ逆に、注目に値する1台である。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(GQ JAPAN )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します