現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > アウディ 「TT/TTS」を大幅改良

ここから本文です
業界ニュース 2019.4.25

アウディ 「TT/TTS」を大幅改良

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アウディ・ジャパンは2019年4月24日、コンパクトスポーツカー「TT」シリーズの商品改良を行ない、新型「TTクーペ 40 TFSI」は5月9日から、「TTクーペ /TTロードスター 45TFSIクワトロ」および高性能バージョンの「TTSクーペ」は6月10日から発売すると発表した。

シリーズ4モデルをラインアップ

    アウディ 世界限定モデル「TT 20year」発売

アウディTTは、1998年に初代モデルが登場し、2014年にデビューした現行の第3世代はMQBプラットフォームを採用している。今回登場するマイナーチェンジ・モデルは本国では2018年に実施されている。エクステリア・デザインは一段とスポーティさを強調し、FFエントリーモデルの「TTクーペ 40TFSI」はエンジンパワーをアップし、さらに装備を充実させるなどTTシリーズを大幅にアップデートしている。

日本市場に導入されるのは「TTクーペ40TFSIと「TTクーペ/ TTロードスター45TFSIクワトロ」、高性能バージョン「TTSクーペ」の4モデルだ。スポーツモデルにふさわしい軽量・高剛性のアルミニウムとスチールの複合構造ASF(アウディスペースフレーム)のボディに、全モデルが2.0L・直噴ターボ・ガソリンエンジン(2.0 TFSI)を搭載。特に、FFのエントリーモデル「TTクーペ40TFSI」の最高出力は、従来比+17ps/+70Nmの197ps/320Nmとなり、動力性能を大幅に向上させている。

標準モデルのエクステリアは、S lineのエクステリアデザインを採用し、バンパー、サイドスカート、リヤディフューザーを変更。また、シングルフレームグリルはマットブラックペイントの立体的な3Dハニカムメッシュグリルとしている。

「TTSクーペ」とオプションのS lineパッケージ装着車は、バンパー、サイドスカート、リヤディフューザーのデザインを一新。テールライト下にはエアアウトレット風のデザインに変更。シングルフレームグリルは、S lineパッケージ装着車はグロスブラックペイントの立体的な3Dハニカムメッシュグリル、「TTSクーペ」は専用のアルミルックインサート付きマットブラックペイント仕様となる。

インテリアでは、従来、S lineパッケージ装着車のみの設定だった、アルミニウムルック・インテリア(ウインドウスイッチ&ペダル)を、オプションのスタイルパッケージ(40TFSI)やコンフォートパッケージ(45TFSIクワトロ)に新設定。また、レザーパッケージに、ドアアームレストやセンターコンソールも同色となるカラードレザーを新採用(45TFSIクワトロ/TTS クーペ)。

S lineパッケージ装着車はシートをSスポーツシートに変更。シート表皮はアルカンターラとレザーの組み合わせで、ダイヤモンドステッチを配し、スポーティさとプレミアム感を大幅に向上している。

またボディカラーは、ターボブルー(S lineパッケージ/TTSクーペ専用)、パルスオレンジ、コスモブルーメタリックの3色を追加している。

【諸元・価格】

アウディ TT 関連記事
アウディ 関連記事
アウディ・ジャパン 公式サイト

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(Auto Prove Auto Prove 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します