現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 三社電機製作所:1200V耐圧SiC-MOSFETモジュールの量産を開始

ここから本文です
業界ニュース 2019.4.24
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

三社電機製作所は、1200V耐圧(電流容量150A)2素子入りSiC-MOSFETモジュールの量産を4月より開始する。

 パワートランジスタなどのパワーデバイスは、車載や産業用分野において、さまざまな用途で使用されている。 SiC(シリコンカーバイド)パワーデバイスは、従来のSi(シリコン)を超える低損失、高速動作が可能なため、大電流、高電圧用途での省エネルギー化のキーデバイスとして注目されている。三社電機製作所のSiC-MOSFETモジュールは、独自のTechno Blockパッケージ技術(※1)により、長期信頼性の向上と低損失化、小型化を実現している。(MotorFan)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • oku*****|2019/04/24 06:54

    違反報告

    ますますトヨタのハイブリッドが低燃費になる部品が増えた訳だ。
    電動化(EV化含む)で一番進んでいるのはトヨタですよ。
    マスコミ、電気に詳しくない人にEV化遅れのトヨタという誤認識が広がっているが、
    EV化に必要な技術(特許数・部品量産化)でトップを進んでいるのはトヨタ。プリウスの開発で世界一早く電動化の開発期間が有る。

    ただ、正直言ってEVには乗りたくないけども。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン