現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 選挙カーなぜ多様化? 従来のワンボックスから普通車・軽自動車が増えている理由

ここから本文です
業界ニュース 2019.4.20
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■選挙期間中に見かける選挙カーとは

 選挙の時期になると演説をしながら街中を走行している選挙カー(街宣車)を見かけます。一般的に選挙カーといえば、白色などの無地に立候補者の看板が付いていることがほとんどです。

    なぜタクシーは新型でも「フェンダーミラー」? ドアミラーに変えない理由

 しかし、最近ではトヨタ「アクア」や「シエンタ」などのルーフに看板を付けたクルマが増えています。なぜ、従来とは違う選挙カーが増えているのでしょうか。

 選挙カーとは、選挙期間中に立候補者が街頭演説を行う際、お立ち台の役割となるほか、街宣時の走行でも活躍する乗り物で、専門業者から選挙カーをレンタルすることが一般的です。(くるまのニュース)

メーカーからニュースを探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン