現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【今日は何の日?】ホンダ1300発表「ホンダ初の小型乗用車。世界に羽ばたく記念碑的モデル」50年前 1969年4月15日

ここから本文です
業界ニュース 2019.4.15

【今日は何の日?】ホンダ1300発表「ホンダ初の小型乗用車。世界に羽ばたく記念碑的モデル」50年前 1969年4月15日

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

創業以来2輪車のメーカーだったホンダは、1963年に「T360」で4輪車に参入した。以来、ホンダの4輪といえば軽自動車だったのだが、いまからちょうど半世紀前の1969年、初めて出した小型乗用車がこのホンダ1300だった。50年前の今日は、そんなホンダ1300の発表の日。

ホンダ1300ってどんなクルマ?
1969年(昭和44年)4月15日に発表。発売は同年5月下旬。

    平成スポーツカー図鑑10「スバル アルシオーネSVX」

特殊空冷エンジン、ドライサンプ式の潤滑方式、クロスビーム型リアサスペンションなど、さまざまなアイデアを盛り込んだホンダの自信作で、発売当時申請中の特許/実用新案は178件におよんだ。

●世界のどこの市場にも通用させること
●積極的一時安全対策を採り入れること
●誇りを持って乗れる、乗りたくなること

を基本方針として開発、その結果、5人分の座席空間も余裕があったという。

エンジンは1300ccの空冷・直4SOHCだったが、4キャブ仕様と1キャブ仕様の2つのスペックを持ち、前者は115ps/7500rpm、後者は100ps/7500rpmを発生。

115ps車は「99(NINETY NINE)シリーズ」、100ps車は「77(SEVENTY SEVEN)シリーズ」と呼ばれた。最高速度は99シリーズが185km/h、77シリーズが175km/hだった。4ドアセダンだけでなく、のちに2ドアクーペも発売されている。

サービスは「ホンダSF」が行い、1969年末までには全国300カ所に拡大。初回標準料金1万50000円で車検整備を行うというのもウリだった。

車両価格(鈴鹿工場渡し現金価格)
77スタンダード 48万8000円
77デラックス 56万8000円
77カスタム 63万5000円
77S 60万5000円
99デラックス 64万3000円
99カスタム 71万円
99S 68万円

ホンダマチックという3速ATも全車にオプション設定(4万5000円高)。ホンダエアコンと呼ばれるクーラーは9万8000円高だった。

1969年(昭和44年)には何があった?
ニュース
●東名高速道路開通
●500円札発行
●アポロ11号アームストロング船長による人類初の月面着陸
●西名阪自動車道全線開通

ヒット曲
●いいじゃないの幸せならば 佐良直美
●夜明けのスキャット 由紀さおり
●どしゃぶりの雨の中で 和田アキ子
●長崎は今日も雨だった 内山田洋とクールファイブ
●黒ネコのタンゴ 皆川おさむ

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(Webモーターマガジン Webモーターマガジン編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • hid*****|2019/04/15 20:36

    違反報告

    父親が 77を試乗してました、結局買わなかった?
    99は 4キャブでしたね、クーベも有り
    面白い車でした、私は初期シビックを買いました、いまシビックセダンに乗ってます、でかい。
  • nik*****|2019/04/15 20:41

    違反報告

    同級生の兄貴がクーペ9乗ってた、同級生は水中メガネ乗って一緒に鈴鹿にロードレース見に行った、クーペ9は恐ろしく速くって、水中メガネはトラックより遅く怖かった。(ホンダZの愛称)
  • bhz*****|2019/04/15 21:00

    違反報告

    残念ながら最初の小型車は、S500でした。わたしは、当時H1300クーペ9を乗っていました。HONDAの歴史を勉強して下さい。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します