現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > BMW、渋滞時にハンドルから手を離せる自動運転車を今夏以降に導入

ここから本文です
業界ニュース 2019.4.15

BMW、渋滞時にハンドルから手を離せる自動運転車を今夏以降に導入

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

BMWは4月10日、国内向けモデルとしてはブランド初となる「ハンズ・オフ機能付き渋滞運転支援機能」を搭載した車両を、本年夏以降に導入開始すると発表した。

電動化と並んで自動車開発の最新トレンドとなっている自動運転。BMWもこれまで、ミリ波レーダーなどにより前走車や道路の車線を検知し、前方の車両との車間距離を維持しながら自動で加減速を行う「アクティブ・クルーズ・コントロール」や、カメラが車線と前方車両を検知し、車線の中央付近を走行するようにステアリングを自動でアシストする「ステアリング&レーン・コントロール・アシスト」などを国内導入している。

    BMWがラグジュアリーに本腰。最上級SUVの新型X7と改良型7シリーズが日本上陸

だが、これらのシステムはすべてドライバーがステアリングを握っていることが前提で、あくまでもその操作をアシストするに留まっていた。これに対し、今回導入が発表されたハンズ・オフ機能付き渋滞運転支援機能は、高速道路での渋滞時との条件が付くものの、ドライバーが完全にステアリングから手を離した状態で走行が可能。前方を注意し必要な場合には直ちにハンドルを操作することができる体勢を取っていることが条件だが、ストレスフルなストップ&ゴーから解放される効果は大きいはずだ。当初の対象モデルは「3シリーズ」、「8シリーズ」、「X5」になるが、その後順次拡大していくとのことだから楽しみだ。

これまでもテスラ「モデルS」など国内で手放し運転を実用化したモデルはあったが、ついにBMWもここに追いついてきた。とは言え、これらはまだ自動運転レベルでいうと「2」にとどまるもので、正確には「自動運転」ではなく「自動運転機能」とされる。だが、アウディ「A8」など技術的に対応したモデルが登場しているにもかかわらず法整備が整っていなかったレベル3も、今国会で道交法改正案が成立すれば2020年メドに公道走行解禁となる見込み。今後、各メーカーから続々と対応モデルの登場が期待できそうだ。


  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(carview! 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • maj*****|2019/04/16 08:14

    違反報告

    運転席にいて運転以外の何の用事があって手を離さないといけないのか理解できない。
    渋滞時なら載せているだけだろ それすらも面倒なのか。
  • ton*****|2019/04/16 09:07

    違反報告

    メルセデスとBMWの半自動運転車を試した限り使えるレベルには無い。
    2019年型のEクラスで例えば段ボール等の障害物を検知して、それを避けるために車線を逸脱すると今度は車を車線中央に戻そうとする。
    その判断は現状では人間の方が素早く対処出来る。
    ドイツ車ではボッシュが開発した48VのマイルドハイブリッドをメルセデスとVW系が採用済みだが、殆ど効果が無い。
    結局、開発途上の物を付加価値をつけて値上げしユーザーに負担させることによって部品メーカー、自動車産業の利益を誘導している。
    自分が第一のドイツ人に欺されてはいけない。
  • pe_*****|2019/04/17 11:12

    違反報告

    これ追突したらドライバーの責任になるの?
    だったらあまり意味ない装置だ
    結局は前に集中してないとダメだし

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します