現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > なぜ同じ顔に? 各社のフロントデザインイメージが統一されていく理由

ここから本文です
業界ニュース 2019.4.8

なぜ同じ顔に? 各社のフロントデザインイメージが統一されていく理由

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■なぜ「デリカD:5」はあのデザインとなったのか?

 最近、新型車のデザインには各自動車メーカーのデザインコンセプトが採用されています。2019年2月に発売された、三菱を代表するオールラウンドミニバン「デリカD:5」はフェイスデザインを大幅に変更したことで大きな話題となりました。

    軽から高級車までLEDヘッドライトが急増している理由 メリット多いがデメリットも

 全体的には、フロント部分のデザインを統一化する傾向にありますが、なぜフロントの造形を同じようなデザインにするのでしょうか。

 トヨタは、「カローラ スポーツ」や「ヴィッツ」といったモデルで、『キーンルック』というデザインテーマを一部車種に採用。日産では「GT-R」や「ノート」、「キャラバン」といったほとんどの車種に『Vモーション』使われています。

 同様に、スバル『Dynamic×Solid』、三菱『Dynamic Shield』、マツダ『魂動デザイン』と各社でデザインコンセプトを持っているのです。

 最近、販売されるモデルの多くに『Dynamic Shield』を採用している三菱は、次のように話します。

「三菱のデザインアイデンティティ『Dynamic Shield』は、国内では2015年に登場したアウトランダーから採用され、徐々に広がりを見せています。ただし、コンパクトカーの『ミラージュ』や軽自動車の『eKワゴン』などには採用していません。

 この『Dynamic Shield』を採用する理由の一つには、『三菱らしさ』を表現したいという想いがあります。そのため、SUV系モデルのデザインを企画する際に採用される傾向にあるのです」

 また、フェイスチェンジで話題を呼んだ「デリカD:5」について、デザインの担当者は次のように説明しています。

「フロントデザインは、従来モデルの『唯一無二のSUVミニバン』という部分は継承しつつ、SUVの力強さを高めるため、三菱のデザインコンセプト『ダイナミックシールド』をもとに、特徴的な縦型ヘッドランプを採用するなどライトまわりの部分はだいぶ力を入れています。

 また、このデザインに至るまでにコンセプトカーやインドネシア生産の『エクスパンダー』というクルマで、デザインの方向性をお披露目しています。その際、不評な声より好評な声が多かったこともあり、『デリカD:5』でもチャレンジしました。今後も新世代モデルは、ヘッドライトをバンパーに配置したフロントデザインが続くと思います」

※ ※ ※

 三菱車を象徴する「力強さ」「アクティブさ」といったイメージや「四輪駆動制御」「悪路走破性」といった技術的な装備を兼ね備えたモデルに、『Dynamic Shield』というデザインが採用されているようです。

■デザイン統一化にみるグローバル戦略

 海外においては、BMWは1930年代から全車種に『キドニーグリル』を採用。その後、各国の主要自動車メーカーでは続々とデザインを統一化する流れとなっていました。

 国内メーカーでは、それぞれの車種におけるフロントデザインの統一化が2010年頃から始まります。とくに、大きな流れを作ったのがマツダの『魂動デザイン』です。

 この『魂動デザイン』とは、部分的なパーツやモデル毎ということではない、マツダのラインナップにおけるデザインテーマとなっています。なぜ、マツダは全モデルにおいてデザインを統一化したのでしょうか。

『魂動デザイン』について、マツダは次のように話します。

「マツダの『魂動デザイン』とは、『生物が見せる一瞬の動きの強さや美しさを』表現したものです。採用した理由には、マツダブランドを訴求するためにモデル個々のデザインを最適なものにするのではなく、『マツダデザイン』とすることで、ブランドを訴求していく狙いがありました。

 2012年の初代『CX-5』から、コンパクトカー『デミオ』、フラッグシップモデル『アテンザ』、スポーツカー『ロードスター』、フルサイズSUV『CX-8』などに採用されています」

※ ※ ※

 このように、各社のデザインは単純な外観上の話だけに留まらず、『ブランド訴求』といったメーカーの方向性を示すものだったのです。

 大手自動車メーカーの関係者は、『デザインの統一化』について次のように話します。

「日本の自動車メーカーは、いままで国内をメインの市場に捉えていましたが、市場の縮小化や海外市場での販路拡大を目指した際に、世界的な戦略を視野に入れ始めます。

 なぜ、統一化をするかといえば、ブランド認知の低い海外市場において、ひと目で見分けることができないモデルは購入候補に入りません。

 そのため、デザインを統一化することでブランドの認知を図っているのです。とくに、アジア圏では『ブランド認知』が高いほど市場のシェアも多くなる傾向にあります」

※ ※ ※ 

 しかし、国内においては逆の考えをもつユーザーも少なくありません。『顔が同じだと個性がない』『フラッグシップモデルとエントリーモデルが同じようなデザインだと価格的な差別化がない』という声も聞こえます。

 そうした要因もあり、国内で大きなシェアを誇るトヨタなどは、一部車種のみでデザインを統一しているのかもしれません。 【了】

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(くるまのニュース くるまのニュース編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • nor*****|2019/04/08 16:44

    違反報告

    BMWやベンツは全て同じデザインでも昔から皆さん喜んで買ってるじゃないか。
  • eic*****|2019/04/08 16:33

    違反報告

    もちろん、

    『BMW』に見習って。


    BMWはほとんど、似たり寄ったり
    でしょ。
  • zoo*****|2019/04/08 16:29

    違反報告

    そのデザインが好きか嫌いかは置いといて、そのメーカーが表現したい事やこだわりがフロントフェイスやボディデザインに現れてくると思うので、統一化は悪い事ではないと思う。
    クルマの選び方はデザイン、価格、用途、見栄、非日常性、安全性など多種多様。
    デザインに一貫性が無かった日本メーカーがブランドイメージをデザインに表現し始めたのは、選ぶ側としても歓迎すべき事だと思います。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します