現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > もう買えなくなる! 新車で欲しいなら今手に入れるしかない国産モデル9選

ここから本文です
業界ニュース 2019.3.29

もう買えなくなる! 新車で欲しいなら今手に入れるしかない国産モデル9選

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 時代の流れで消えてしまう可能性大のクルマたち

 あのとき買っておけばよかったのに……。というのはクルマに限らずよくあること。人気や値段が高くなるとなおさらなのだが、逆を言えば今の瞬間にも「今買っておけグルマ」は発生し、そして消えていくと言っていい。今回は後悔しない、今買っておけグルマを紹介しよう。

    いい中古を見かけたら即決! まもなく買えなくなりそうな国産スポーツカー4選

 1)レクサスRC F

 2019年のデトロイトショーで発表されたのが、RCのマイナーチェンジ版。それを見るにつけ、可能性が高まってきたのが、5リッターV8の消滅。

 そもそもよく見たら、世界的にV8は消滅寸前で、直6の消滅を嘆いている影で意外に進行していた感がある。国産ではトヨタ&レクサスが、ランクルとLX、GSに残るのみ。日産も多かったが、シーマ、プレジデントと消え、今はない。

 2)トヨタ・エスティマ

 国産ミニバンの先駆的存在で、初代の大ヒットは歴史に残るが、まわりがスペース効率追求で進化したものの、エスティマはわが道を堅持。それはそれでいいことだが、さすがに息切れ。次はない可能性が高い。ただし、トヨタ関係者によると意外に次は出るかもしれないとのこと。

 3)トヨタ・ハリアー

 エスティマと似た感じの立ち位置で、ハリアー旋風が世界的に吹いたものの、SUV流行りの現在となると、確固たる立ち位置を確保できていない感は否めない。

 4)日産GT-R

 次モデルの噂がいろいろと出てきているが、どうであれ、ガラリと変わるのは確実だろう。とくにパワートレインはどれだけ電動化されるかで、そう考えるとR35のピュアさは今買っておくべき。

 名機を積んだクルマももう間もなく買えなくなる

 5)トヨタ・マークX

 21世紀を迎えてのリセットということで、IIからXに変わったが今や古臭さは否めない。そもそもトヨタがセダンのモデル数を減らすと明言しているだけに、次がないかも。

 古臭さは悪いことではなく、日本のミドルサルーンってこうなくっちゃ、という懐かしさにあふれる。輸入車を追いかけるばかりがいいわけじゃないというのを強く思わせてくれる。フローリングに対する畳の感じといえばわかりやすいか?

 3.5リッターはもちろん、2.5リッターのV6というのも味があってよし。

 6)スバルWRX STI

 WRCの大暴れの立役者など、伝説に事欠かないEJ20型エンジン。環境対応などの問題で、どんどんと切り替えられ、今やWRX STIに残るのみ。荒々しい、パンチのあるフィールはこれからはもう出てこないだろう。

 7)日産ジューク

 日本に限らず、世界的に見て、デザインコンシャスなクルマは1発屋で終わる可能性はある。2代目が出てもなんかあっさりしちゃったな、だったりするし。そういう意味では、次はあるものの、ど直球のデザインコンシャスを楽しみたいなら今買っておいたほうがいいかもしれない。ただ、打倒トヨタ・CH-Rで相当煮詰めているという話もあるが。

 8)日産キューブ

 キューブの次期型は開発が進んでいるようだが、遅々として進んでいないようだ。どうもデザインが決まらないらしいという噂もある。なぜなら、真四角なデザインは歩行者保護の形状において不利だからということらしい。しかし四角くないとキューブじゃないし、難しいところだ。

 9)三菱ミラージュ

 昔の名前出ていますなのだが、復活した理由は少々意味不明。150万円以下という貴重な存在で、素っ気なさも魅力。実用重視の伝統モデルに乗りたいなら、ぜひ。

 付録)車名

 どんどんと昔からの車名が消えていくが、マツダ3など、マツダが一気に変わる可能性は大。ヴィッツも変わる噂があるし、車名だけででも今買っておく!?

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(WEB CARTOP 近藤暁史)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します