現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【星野一義】1980年代「1984年富士GCシリーズ全戦をポールtoウインで完全制覇」【日本一速い男の半生記(5)】

ここから本文です

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • nan*****|2019/03/16 19:05

    違反報告

    またも不充分な記述が見られる。ヒーローズでは82年に来季用に所謂「星野スペシャル2」を企画した。設計は勿論ノバ。
    空力特性に着目したシャーシは模型実験では気流の抜けも問題無く、活躍が期待された。しかしながら星野はかなり無理をした形で独立、ホシノレーシングでMCSを走らせた。タイムは富士F1時代のロータスF1より速く走り、他を圧倒。
    「星野スペシャル2」のノバは全く走らず、片山義美も手を焼いていた。ここでヒーローズに残っていたら最悪の事態になっていたが、無理をして独立した事が結果的に功を奏した。実は星野が悩んでいた事はもう一つ有って、それは日産でのラリーカーのテスト業務やった。レースには必要は無いと日産に交渉した結果、日産との契約は継続しながらもラリーカーのテストは受けない事を認めてもらっている。またしても逆境を跳ね除けた星野は漸くロードレースに集中する環境を更に整えている。
  • nor*****|2019/03/16 20:20

    違反報告

    GC、カッコいいね

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します