現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > メーカーによるレストアサービスが盛り上がるも超高額! 日本は本当に旧車を守る気があるのか

ここから本文です
業界ニュース 2019.3.16

メーカーによるレストアサービスが盛り上がるも超高額! 日本は本当に旧車を守る気があるのか

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 クルマの現存台数が減っただけ部品の価格は上がる

 最近ではマツダが初代ロードスターのレストアプロジェクトをスタートさせたり、ホンダがビートの部品の一部を再生産、日産(NISMO)も第2世代のスカイラインGT-Rの部品供給を再び開始するなど、登場から30年近くが経過した車種にも関わらずありがたい話題が続いている。

    旧車趣味を始めるなら日産車がオススメの理由とは?

 しかし、残念ながら部品の価格は当時のままとはいかず、どれも高いプライスタグがつけられているし、メーカーが在庫している従来の部品も定期的に値上げが実施されているというのが現状だ。これを見て「旧車を本当に守る気があるのか」というのが今回のテーマなのだが、ぶっちゃけてしまえば「それほどない」というのが事実である。

 たとえば初代ロードスターは日本国内で12万台ほどの販売台数を記録したが、レストアプロジェクトが発表された2017年時点の現存台数はおよそ22700台と1/6の台数となっている。つまり、単純計算で部品が売れる確率は1/6になっているわけで、コストをかけて再生産しても十分な利益を上げようとすれば6倍の価格をつけなければならないというわけだ。

 もちろんそんな価格では購入するユーザーもほとんどいないだろうから、ギリギリ赤字にならないラインで値付けをした結果、当時の価格よりも高くなってしまっているという寸法だ。自動車メーカーも事業としてやっていることなので、赤字になるようなことはできないのである。

 自動車メーカーにとって部品の保管は頭の痛い問題

 また、過去に生産した部品を保管しておくのにもスペースが必要だし、再生産ができるようにと金型を保管しておくのにも場所も費用もかかってしまう。そのため、古い部品に対してはそういったランニングコストものしかかってくるので価格が上昇するという要因もある。

 自動車を構成する部品は約3万点と言われており、毎年のように新型車や一部改良がおこなわれている自動車メーカーにとっては部品の在庫も頭の痛い問題。生産が終了し、現存台数が減る一方の旧型車の部品をいつまでも潤沢に保管しておく余裕は残念ながらない、というのが紛れもない事実というわけだ。

 もちろん、一種のコレクターズアイテムとなるようなクラシックカーについては純正部品は供給されていなくても、スペシャルショップなどが作ったリプロ品などがあって比較的維持がしやすくなっているが、マイナーな車種に関しては部品取り車を確保したり、ネットオークションを定期巡回したりと涙ぐましい努力をせざるを得ない。しかし、それをメーカーのせいにしてしまうのはあまりに暴論という他ないというのが筆者の見解である。

 とはいうものの、筆者自身も1981年式の国産ポンコツ車を保有しており、部品供給の悪さに泣かされているのであるが……。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(WEB CARTOP 小鮒康一)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します