現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「決して箱のデザインではない」メルセデスのEQVとVWのID.バギーをスバルの前デザイン部長・難波治教授が語る

ここから本文です
業界ニュース 2019.3.16

「決して箱のデザインではない」メルセデスのEQVとVWのID.バギーをスバルの前デザイン部長・難波治教授が語る

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スバルの前デザイン部長で現在は、首都大学東京で教鞭をとる難波治教授が、ジュネーブ・モーターショーを取材。デザインチェックと写真撮影をおこなった。第七弾はメルセデス・ベンツとVWのブースを覗いてみる。COMMENT & PHOTO◎難波 治(NAMBA Osamu/首都大学東京教授) まとめ◎MotorFan.jp編集部

MF:教授、次はメルセデスのブースへ行ってみましょう。EQVを見てみましょう。「EQ」ブランドですから、これまた電気自動車「EV」です。

    ジャガー・ランドローバー・ジャパンが「Exhibitionism-ザ・ローリング・ストーンズ展」に協賛!


 これかな? あ、これはEQCですね。

MF:EQCは今回のワールドプレミアではありませんよ。


EQVいました

MF:いかがですか?


 特にコメントありません

MF:……

 日本のミニバンと比べて、やはりユーザーの違いでデザインも変わるんでしょうね、と考えました。こちらでは、こういうクルマはVIPの移動や、多人数のハイヤーなど、失礼のない移動や送り迎えに使うことがほとんど。そうすると、こういう佇まいになります。決してこけおどしはありませんが、この大柄な身体を、質感上げて造形しています。決して箱のデザインではなく、自動車デザインをしています。


MF:次はVWのブースへ行ってきましょう。VWの電動車のブランドは、ID.です。ですから、このバギーも電気自動車なんでしょうね。


 VWのワールドプレミアでID.バギーというクルマです。バギーと聞いていたので、どんなふうに料理してくれているのかなと思って見に来たのですが、そのまんまバギーでした。


 でも、こういうクルマはとても楽しいと思います。そうですね、見た目は完全にショーカーです。側面衝突のこととか真面目に考えると実現性がどのくらいあるかわかりませんが。

 楽しくて写真に撮ったように、外から腰掛けて誰かがしゃべりこむようなシュチュエーションはとてもいいですね。どこでも走れるようにということなんしょうか、ホイールハウスのインナーは、完全に車輪だけ隔離されていて、内部に水とか泥とかが入らないようになっています。色もグリーンが愉しさを醸し出しているし、面白い楽しいクルマでした。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan MotorFan編集部)

メーカーからニュースを探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します