現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ZF、自動運転の開発促進…AIとサイバーセキュリティの技術センター設立へ

ここから本文です
業界ニュース 2019.3.15

ZF、自動運転の開発促進…AIとサイバーセキュリティの技術センター設立へ

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ZFは12日、自動運転の開発を促進するために、AI(人工知能)とサイバーセキュリティに関する技術センターをドイツに設立すると発表した。

高度な自動運転の実現には、AIが欠かせないとされる。ZFはエヌビディアと協力して、「ZFプロAIロボシンク」(ZF ProAI RoboThink)を開発。モビリティ業界において高いAI機能を備えたスーパーコンピューターだ。ZFのセンサー類と組み合わせることで、あらゆる交通環境に対応し、完全自動のMaaS(モビリティ・アズ・ア・サービス)を可能にするという。

    999台限定、アウディR8の2WDモデル「RWS」はクワトロと別モノ

ZFプロAIロボシンクは、毎秒600兆回までの計算が可能な演算能力を持つ自動車向け中央制御ユニット。車内と車外センサーから得られた情報と「car-to-X」コミュニケーションやクラウドからのデータをリアルタイムで統合し、レベル4+の自動運転車両を、あらゆる交通環境下で安全に作動させることができるだけの処理能力を持つことを前提に設計されている。

ZFは自動運転の開発を促進するために、AIとサイバーセキュリティに関する技術センターをドイツ・ザールブリュッケンに設立する。これにより、自動化されたモビリティソリューションの開発を推進していく。

また、サイバーセキュリティも高度な自動運転の実現に必要だ。自動運転システムではセキュリティの問題はこれまで以上に重要であり、世界レベルのサイバーセキュリティの研究が必要、としている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 森脇稔)

メーカーからニュースを探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します