現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 原付免許で乗れるプジョー登場、ネオレトロな「ジャンゴ」に50ccほか6モデル追加

ここから本文です
業界ニュース 2019.3.15

原付免許で乗れるプジョー登場、ネオレトロな「ジャンゴ」に50ccほか6モデル追加

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ADIVA(アディバ)は、プジョーブランドのネオレトロスタイル125ccスクーター『ジャンゴ』シリーズに、50ccおよび150ccのニューモデル6機種を追加し、3月15日より販売を開始する。

ジャンゴは、1950年代の「プジョーS55」を現代に復刻させた、フランス生まれのネオレトロスクーター。豊かで流麗なボディラインのクラシカルスタイルとしながら、ABS(50ccモデルを除く)やスマートフォン用電源、LEDテールランプなど、最新の装備を採用する。今回、125ccのみだったラインアップに「原付免許で乗れる50cc」と「高速道路を走行できる150cc」を追加。最高出力は50ccモデルが3.7ps、150ccモデルは11.6psを発生し、多様なニーズに対応する。

    MINI、公道を走るレースカー“GP”のコンセプトカーをNYショーで披露

『ジャンゴ50』および『ジャンゴ150 ABS』は、オリジナリティあふれるスタイルと、マットグレーの高級感あるカラーリングが特長。自分らしさを大切にする、フランスならではの国民性が生んだ個性的な一台となっている。価格はジャンゴ50が31万2120円、ジャンゴ150 ABSが40万2840円。

『ジャンゴ50エバージョン』および『ジャンゴ150エバージョンABS』は、クリームとビビッドな色による爽やかなツートンカラーで、男女を問わず人気のモデル。タックロール&ホワイトパイピングを施したシートも特長だ。カラーはキャロットオレンジとディープオーシャンブルーの2色を設定。価格はジャンゴ50エバージョンが32万2920円、ジャンゴ150エバージョンABSが41万3640円。

『ジャンゴ50スポーツ』および『ジャンゴ150スポーツABS』は、プジョーのレーシングスピリットを表すモデル。ホワイトのセンターストライプとレーシングゼッケン、さらにはブラックアウトされたシート&足回りがスポーティなイメージを演出する。カラーはサテンチェリーレッドとディープオーシャンブルーの2色を設定。価格はジャンゴ50スポーツが32万2920円、ジャンゴ150スポーツABSが41万3640円。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 纐纈敏也@DAYS)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します