現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 若者のクルマ離れ……って言われても買えないんじゃ! 新車の高額化が止まらないワケ

ここから本文です
業界ニュース 2019.3.15

若者のクルマ離れ……って言われても買えないんじゃ! 新車の高額化が止まらないワケ

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 走りや安全性の追求が車両価格を上げる

 最近、よく耳にするのが、「最近のクルマは高い」ということ。実際、15年ぐらい前であれば200万円台で買えたクルマが、300万円台は軽く突破している例はザラ。軽自動車でも200万円近くするので、以前に比べれば確実に高くなっている。と、高い、高いと言うのはいいのだが、ではどうして高くなっているのか考えたことはあるだろうか? 漠然と材料費が高騰しているのかな、程度かもしれないが、じつはさまざまな要素が関係している。

    価格高騰へのカウントダウンが始まった!  いま買わないと後悔必至の昭和の名車4選

 もちろん材料費は大いに関係する。クルマに使われる素材は鉄、樹脂、ゴムなど多岐にわたっていて、そのどれもが高騰中だ。これはクルマに限らず、食品やお菓子、衣料品なども同様で、素材自体が上がっているだけでなく、話題になった運送費も上がっている。それらが、素材価格にも跳ね返ってくるわけだ。

 また走りの質は以前に比べれば飛躍的に上がっているが、こちらもいい素材が前提だったりする。ハイテンション、ウルトラハイテンションは当然普通の鋼板よりも高いし、足まわりなどで増えているアルミは、鉄なんかよりもかなり高い。単純に比較はできないが、びっくりするほどの価格差だし、日本は高くて、欧州のほうが安いのも国内生産ではハンデとなる。

 そして開発コストも増大するばかりだ。各社ともデジタルシミュレーションでの開発や短期化、パーツの共有化、生産現場でもモジュール化によって効率のアップを目指すなど、涙ぐましい努力が続けられているが、それ以上に立ちはだかる課題は多いのが実際。とくに燃費は爪に火を灯す思いだし、高いレベルの安全技術や自動運転技術となると、開発コストは膨大。今まで使わなかったパーツも使用しなくてはならない。もちろんそれらは車両価格に上乗せされる。

 ユーザーの嗜好の変化も価格高騰の一因

 そのうえで、ユーザーの嗜好もどんどんと高くなっていく。たとえば、軽自動車でも普通車並みの装備が求められるし、高級車も輸入車と同等の質感などが高められている。軽自動車だからペラペラでいいという時代にはもう戻れない。そうなると、コストがかさむのも当然だ。

 ちなみに最近、日本車でも走りにこだわってザックス製のダンパーを装着する例が増えているが、担当者に聞くと一般のものと比べると驚くほど高いとのことだ。質は高まるが、価格だけで見るとかなり痛い。

 最後に、自動車メーカーのコスト管理担当が口を揃えていうのが「結局はクルマが売れないのが一番大きい。買ってくれればもっと安くなる」ということ。売れないから高いというのはわかったような、わからないような感じだが、自動車というのはT型フォード以来、大量生産を前提としたもの。つまりたくさん作らないと安くならないのが宿命といっていい。例のT型フォードは大ヒットとなったために、どんどん売れ、どんどんと大量生産。価格は逆にどんどんと下がっていった。

 この問題、自動車メーカーとユーザー間だけの単純な問題ではなく、メーカー側でも起こる。少し前にストックヤードに工場から出た完成車が野ざらしで放置、というニュースがあった。勝手な憶測がいろいろと出たが、あれは作らないと値段を維持できないという悪循環の現れだったのだ。

 どういうことかというと、自動車メーカーはパーツメーカーと契約を結ぶ際に、これだけ買うからこれだけ安くしてくれという交渉をして価格を決める。それがクルマが売れない、つまり作らないからといって、途中でやっぱりそんなにいらない、では契約違反となり、価格は上がってしまう。つまり、当初の安いパーツ価格を維持するためにも作らざるを得なかったというのが、あの野ざらしだったのだ。

 昨今の不祥事などで生産が停止したり、販売量が急に低下するのは、この点を鑑みると大ダメージだ。まさに卵が先か、ニワトリが先かの話だが、今まであった、同じものを大量生産して低価格を実現するというバランスがどんどんと崩れてきているのは確実である。

 そのほか、人手不足による生産コストの増大(期間工の求人を見てほしい)など、車両価格を押し上げる要素はあらゆるところにある。ひとつひとつ見ていくと、よくこの価格で作れているなと思うことも。逆に安くなる要素というのはほとんどないというのが、正直なところだ。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(WEB CARTOP 近藤暁史)

メーカーからニュースを探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • j_p*****|2019/03/15 07:10

    違反報告

    スマホじゃ、スマホ代が高くて車が買えないのじゃ
    ケータイ大手3社を半額にするとかっていう話はどこへ行ったのやら
  • mog*****|2019/03/15 06:47

    違反報告

    アルトバンも47万円から安全装備やパワステエアコンが付いて67万円(税別)へと
    200万円に近い価格へ。
  • nan*****|2019/03/15 07:25

    違反報告

    「結局はクルマが売れないのが一番大きい。買ってくれればもっと安くなる」ということ
      ↑
    中高年層も車に回せる余裕が余り無い方もおられる筈やで、あと車そのものが完成しているので故障や外装陳腐化も無くなってきた。
    車を取り巻く環境の変化も大きいやろな。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します