現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 自動速度取締機、オービスの撤去が再加速! ついに壊滅、長野県のHシステム!!  その1【交通取締情報】

ここから本文です
業界ニュース 2019.3.15
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

一時は県内に8機(高速道路含む)のHシステムを擁し、H帝国と呼ばれていた、長野県。これまでに長野道、上信越道のHが撤去され、さらに中央道、そして、なんと、国道19号線の5機が昨年秋から冬にかけて、一斉に姿を消した!

現時点では代替えなし!

    中央道の自動速度取締機撤去ポイントに、レーダー探知機が効かないLHシステムが復活!【交通取締情報】

☆撤去オービスDATA
場所:長野県塩尻市宗賀正
道路:国道19号線
方向:南行き
機種:Hシステム
速度測定方式:レーダー式
制限速度:50km/h

 撤去されたのは、塩尻市街から国道19号線を中津川方面へ向かう途中の宗賀地区で、南行き車線を狙っていた、Hシステム。(MotorFan)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く